名古屋工業大学 柴田研究室

研究業績

学会発表

学会発表

2019年2018年2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年

最近の学会発表

第50回中部化学関係学協会支部連合秋季大会
信州大学松本キャンパス(長野県松本市旭3-1-1)
2019年11月9日(土),10日(日)

(口頭発表)
  • アルミニウムを用いた不活性なgem-ジフルオロアルカンの選択的C (sp3)-F結合活性化 (1F7)
    〇小川雄大・王建東・柴田哲男

日本油化学会第58回年会
東京海洋大学・品川キャンパス(〒108-8477 東京都港区港南4-5-7)
2019年9月24日(火)―26日(木)

(ポスター発表)
  • 含フッ素糖ペプチドの合成と不凍活性 (2P-10)
    ○岩澤健太,住井裕司,日比野隼太,柴田哲男

第36回有機合成化学セミナー
長良川国際会議場/ぎふ長良川温泉『ホテルパーク』
2019年9月17日(火)―19日(木)

(ポスター発表)
  • B(C6F5)3を用いた不活性C-F結合活性化による,スピロビインダン,モノフルオロアルケンおよびインダン誘導体の合成(P-84)
    王建東,○小川雄太,柴田哲男
    B(C6F5)3 Catalyzed C-F Bond Activation for the Synthesis of Spirobiindanes, Monofluoroalkenes, and Indane derivatives
    Jiandong Wang, 〇Yuta Ogawa, Norio Shibata
  • アルコール類のジフルオロメチルスルフィニル化およびトリフルオロメチルスルフィニル反応の開発 (P-85)
    〇佐々木健太、住井裕司、松原王起也、権藤聡、柴田哲男
    Difluoromethylsulfinylation and Trifluoromethylsulfinylation of Alcohols
    〇Kenta Sasaki, Yuji Sumii, Okiya Matsubara, Satoshi Gondo, Norio Shibata

第9回フッ素化学若手の会
あわら温泉 清風荘 (〒910-4198 福井県あわら市温泉3丁目803)
2019年9月12日(木)―13日(金)

(ポスター発表)
  • 不凍活性を有する含フッ素糖ペプチドの開発 (P-41)
    ○岩澤健太,住井裕司,日比野隼太,柴田哲男
  • B(C6F5)3を用いた不活性C-F結合活性化による,スピロビインダン,モノフルオロアルケンおよびインダン誘導体の合成(P-42)
    王建東,○小川雄太,柴田哲男

27th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress (27th ISHC)
ROHM Theatre Kyoto (Sakyo-ku, Kyoto City 606-8342 Japan)
Miyako Messe (9-1, Okazaki Seishojicho, Sakyo-ku Kyoto-shi, Kyoto 606-8343, Japan)
2019年9月1日(日)―6日(金)

(ポスター発表)
  • Synthesis of Pyrazole-3-triflones via [3+2] Cycloaddition Reaction (3P-117)
    ○Yuji Sumii, Pulakesh Das, Satoshi Gondo, Hiroto Uno, Norio Shibata
  • Synthesis of Trifluoromethyl Nine-Membered Heterocycles via a Double Decarboxylative Ring-Expansion under Palladium Catalysis (5P-038s)
    ○Hiroto Uno, Pulakesh Das, Punna Nagender, Satoshi Gondo, Etsuko Tokunaga, Norio Shibata
  • Reaction of (Hetero)aryl Tetrafluoro-λ6-Sulfanyl Chlorides with Alkynes and Alkenes under Visible Light (5P-069s)
    ○Kiyoteru Niina, Kazuhiro Tanagawa, Norimichi Saito, Norio Shibata

第22回ヨウ素学会シンポジウム
千葉大学 西千葉キャンパス けやき会館
2019年8月30日(金)

(ポスター発表)
  • ハロゲン結合を誘引するフルオロ官能基化ヨードベンゼン誘導体の設計 (43)
    ○佐々木健太・住井裕司・柴田哲男

過去の学会発表はこちら

pagetop

受賞

最近の受賞

2019年8月30日柴田哲男教授ヨウ素学会の2019年度ヨウ素学会賞を受賞されました
ヨウ素学会
2019年7月11日住井裕司助教有機合成化学協会東海支部の令和元年度東海支部奨励賞を受賞しました
有機合成化学協会東海支部
2019年5月31日柴田哲男教授公益社団法人新化学技術推進協会の第18回GSC賞(グリーン・サステイナブル ケミストリー賞)文部科学大臣賞を受賞されました
第18回(2018年度)GSC賞受賞者(公益社団法人新化学技術推進協会)
本学のHPでも紹介されています。名工大HP掲載ページ
2019年3月27日M2 宇野寛人君
M2権藤聡君
B4棚川一裕君
平成30年度日本化学会東海支部長賞を受賞しました。
2019年2月28日D3 Wang Jiandong君 名古屋工業大学学生研究奨励賞学長賞を受賞しました。
2019年2月28日M2 宇野寛人君 名古屋工業大学学生研究奨励賞副学長賞を受賞しました。
2018年11月M2 権藤聡君 日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部 合同学術大会2018で
ベストプレゼンテーション賞を受賞
しました。
[写真-1] [写真-2]
2018年9月20日柴田哲男教授2019 ACS national AwardのACS Award for Creative Work in Fluorine Chemistryを受賞されました
[ACS], [日本化学会], [C&En], [名工大HP]
Angew. Chem., Int. Ed. 掲載ページ

過去の受賞はこちら

pagetop

メディア掲載・その他

最近のメディア掲載

2019年6月24日 柴田教授の第18回GSC賞(グリーン・サステイナブル ケミストリー賞)文部科学大臣賞の受賞が,化学工業日報2019年6月10日(月)版に掲載されました。
2019年3月13日 日本薬学会第139年会で徳永恵津子研究員が発表予定の「サリドマイドパラドックスを解明~鏡像異性体を持つ医薬品の使用に警鐘~」が「年会講演ハイライトの化学系薬学,医薬化学分野に掲載されました。 報道機関向け講演ハイライト
本学のHPでも紹介されています。名工大研究活動ニュース
2019年3月12日 ChemistryOpen の論文が Front Coverに採択されました
ChemistryOpen の論文の CoverProfileが公開されました。

本学のHPでも紹介されています。名工大研究活動ニュース
2019年1月22日 自己不均一化現象を用いて「サリドマイドパラドックス」を説明した論文が新聞記事に紹介されました
静岡新聞 2019年1月10日23ページ
熊本日日新聞 2018年12月29日23ページ,東奥日報社 2018年12月29日第7面
2018年11月20日 自己不均一化現象を用いて「サリドマイドパラドックス」を説明した論文が
Scientific Reports誌に掲載されました。 [論文リンク]
本学のHPでも紹介されています。プレスリリース
メディアに取り上げられました。デジタル毎日朝日新聞デジタル財形新聞
新聞記事にされました:朝日新聞平成30年11月21日第7面,毎日新聞平成30年11月21日第25面,中日新聞平成30年11月21日第31面
2018年10月22日 Nature Communications 誌に論文が掲載されました。(abstract)
ハイライトとして紹介されています。(Editors’ Highlights page)
本学のHPに紹介されています。[名工大HP]
メディアに取り上げられました。日本の研究.com
日刊工業新聞平成30年10月30日第26面
2018年10月 当研究室のFBSMをハロゲン結合触媒に用いる研究をまとめた論文 (ACS Catal. 2018, 8, 6601.)がSynfactsに紹介されました。
Synfacts 2018, 14(10), 1095. DOI: 10.1055/s-0037-1610916 [リンク]
2018年9月 2018年3月に修士過程を修了した斎藤拓弥君が
Chem-Stationスポットライトリサーチに紹介されました [リンク]
本学のHPでも紹介されています。名工大研究活動ニュース
2018年8月 Sci. Rep.誌のフロン 23に関する論文が日刊工業新聞8月21日号に取り上げられました。(リンク)
2018年8月 Sci. Rep.誌のフロン 23に関する論文がメディアに取り上げられました。
国立環境研究所(リンク), 財形新聞(リンク), アンドラ(リンク)

これまでのメディア掲載はこちら

pagetop