名古屋工業大学 柴田研究室

研究業績

学会発表

学会発表

2019年2018年2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年

2016年度

日本化学会 第97春季年会 (2017) 慶應義塾大学 日吉キャンパス 2017年3月16日(木)~19日(日)
(口頭発表)
  • DAST 試薬を用いた穏和な条件下での活性化メチレン化合物へのペルフルオロアルキルチオ化反応
    ○吉岡拓哉・SAIDALIMU Ibrayim・鈴木柊吾・徳永恵津子・柴田哲男
  • 新規ハロゲン結合供与体の設計と触媒反応の開発
    ○宇野寛人・松崎浩平・徳永恵津子・柴田哲男
  • MBH フロリドの速度論的光学分割法を用いたテトラゾール化合物の不斉合成
    ○松原王起也・徳永恵津子・柴田哲男
  • ヨードイリド型試薬を用いたβ-ケトエステルへの不斉ジフルオロメチルチオ化反応
    ○権藤 聡・松原王起也・徳永恵津子・柴田哲男
  • Synthesis of Triflones by Electrophilic Trifluoromethylthiolation Reagents
    ○JIA, Shichong; HUANG,Zhongyan; TOKUNAGA, Etsuko; SUMII, Yuji; SHIBATA, Norio
  • Importance of a Fluorine Substituent for the Preparation of meta-and para-Pentafluorosulfanyl-Substituted Pyridines
    KOSOBOKOV, Mikhail; ○CUI, Benqiang; MATSUZAKI, Kohei; TOKUNAGA, Etsuko; SHIBATA, Norio
  • フルオロホルムを利用したトリフルオロメチル化反応の研究
    ○斉藤拓弥・平野和希・松崎浩平・徳永恵津子・柴田哲男

日本農薬学会第42回大会 愛媛大学(城北キャンパス) 2017年3月6日(月)~8日(水)
(口頭発表)
  • 不斉脱炭酸型アリル化反応を用いた α-フルオロメタンスルフェニルケトンの合成
    ○近藤寛也・郭明・前野万也香・徳永恵津子・柴田哲男
  • メタ位,パラ位に SF5基を有するピリジン類の合成
    ○松崎浩平・Mikhail Kosobokov・Benqiang Cui・Andrii Balia・徳永恵津子・齋藤記庸・柴田哲男
  • ジシアノアルキリデン類に対する可視光によるトリフルオロメチル化反応の開発
    ○広村知也・松崎浩平・徳永恵津子・柴田哲男

第43回有機典型元素化学討論会
仙台市民会館(仙台市青葉区桜ヶ岡公園4-1) 2016年12月8日(木)~10日(土)

(ポスター発表)
  • 直接的 SCF2H 化試薬を用いたエナンチオ選択的ジフルオロメチルチオ化反応
    ○松原王起也・権藤聡・徳永恵津子・柴田哲男
  • フルオロホルムを用いたカルボニル化合物へのトリフルオロメチル化反応の開発研究
    ○斉藤拓弥・平野和希・松崎浩平・大楠賢・徳永恵津子・柴田哲男

第9回有機触媒シンポジウム
名古屋大学ESホール 2016年12月01日(木)-02日(金)

(ポスター発表)
  • トリフルオロエトキシコートされたサブフタロシアニンを光触媒に用いたトリフルオロメチル化反応の開発
    ○広村知也・松崎浩平・徳永恵津子・柴田哲男
  • 不斉トリフルオロメチル化反応を鍵とするエイズ治療薬Efavirenzの触媒的合成
    ○平野和希・大楠賢・徳永恵津子・柴田哲男
  • キナアルカロイドを用いたフルオロドネペジルの不斉合成
    ○近藤寛也・前野万也香・平等尋巳・徳永恵津子・柴田哲男

The 10th International Symposium on Integrated Synthesis (ISONIS-10)
Awaji Yumebutai International Conference Center, Awaji Island 2016年11月18日(金)~19日(土)

(ポスター発表)
  • Design of Halogen-Bonding Donors and their Use of for Mukaiyama Aldol Reaction
    〇Hiroto Uno, Kohei Matsuzaki, Etsuko Tokunaga, Norio Shibata
  • Trifluoromethylation of Carbonyl Compounds Using Fluoroform
    〇Takuya Saito, Kazuki Hirano, Kouhei Matuszaki, Etsuko Tokunaga, Norio Shibata
  • Flow Trifluoromethylation of Carbonyl Compounds and Its Application for Pharmaceuticals
    〇Kazuki Hirano, Satoshi Okusu, Etsuko Tokunaga, Norio Shibata
  • Radical Addition of (Chlorotetrafluoro-λ6-sulfanyl)pyridines to Alkenes and Alkynes
    〇Masahiro Takada, Prajwalita Das, Etsuko Tokunaga, Kohei Matsuzaki, Norimichi Saito, Norio Shibata

第31回農薬デザイン研究会(第44回構造活性相関シンポジウムとの合同開催)
京都大学・芝蘭会館 2016年11月16日(水)~17日(木)

(ポスター発表)
  • Metal-free Trifluoromethylthiolation of Acyclicβ-Keto Esters
    Ibrayim Saidalimu, 〇Shugo Suzuki, Etsuko Tokunaga and Norio Shibata
  • Enantioselective Synthesis of Tetrazole Acrylates by Organocatalytic Kinetic Resolution
    〇Okiya Matsubara, Takayuki Nishimine, Satoru Mori, Etsuko Tokunaga and Norio Shibata
  • Development of Trifluoromethylation Using Fluoroform
    〇Takuya Saito, Kazuki Hirano, Kouhei Matuszaki, Etsuko Tokunaga, Norio Shibata
  • Biological Evaluation of Fluoro-functionalized Aryliodonium Salts
    〇Etsuko Tokunaga, Kohei Matsuzaki, Prajwalita Das, Takahiro Takada, Norimichi Saito, Norio Shibata
  • Synthesis of SF5 Pyridines
    〇Kohei Matsuzaki, Mikhail Kosobokov, Benqiang Cui, Andrii Balia, Etsuko Tokunaga, Norimichi Saito, Norio Shibata   (優秀ポスター賞受賞)

第6回CSJ化学フェスタ2016
タワーホール船堀 2016年11月14日(月)~16日(水)

(ポスター発表)
  • 超原子価ヨウ素試薬を用いた直接的ジフルオロメチルチオ化反応
    ○松原王起也・有森貞幸・高田大祐・柴田哲男
  • 含フッ素フタロシアニン類による赤色光を用いた光トリフルオロメチル化反応の開発
    ○広村知也・松崎浩平・徳永恵津子・柴田哲男
  • 脱炭酸型アリル化反応を用いた含フッ素アルツハイマー治療薬の合成
    ○近藤寛也・前野万也香・徳永恵津子・柴田哲男
  • C4h型t-ブチル置換フタロシアニンの合成と固液界面上での自己組織化単分子膜の形成
    ○辻 享兵・徳永恵津子・柴田哲男

第42回反応と合成の進歩シンポジウム
静岡市清水文化会館マリナート 2016年11月7日(月)~8日(火)

(ポスター発表)
  • FBDT-I: ハロゲン結合を利用した新規触媒の開発と反応
    ○松崎浩平,宇野寛人,徳永恵津子,柴田哲男
  • フルオロホルムを用いるカルボニル化合物のトリフルオロメチル化反応
    ○斉藤拓弥,平野和樹,松崎浩平,大楠賢,徳永恵津子,柴田哲男

第47回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会
豊橋技術科学大学 2016年11月5日(土)~6日(日)

(口頭発表)
  • ハロゲン結合供与体を用いた1,2-および1,4-付加反応の開発
    ○松崎浩平・宇野寛人・徳永恵津子・柴田哲男
(ポスター発表)
  • ヨードニウム塩試薬を用いるペンタフルオロスルファニルピリジン化反応
    ◯高田大裕・Das Prajwalita・徳永恵津子・松崎浩平・斎藤記庸・柴田哲男
  • ビススルホニル骨格を有したハロゲン結合型触媒による向山アルドール反応
    ○宇野寛人・松崎浩平・徳永恵津子・柴田哲男
  • 含フッ素アルツハイマー治療薬の研究開発
    ○近藤寛也・前野万也香・徳永恵津子・柴田哲男

フルオラス科学研究会第9回シンポジウム
名古屋大学ベンチャービジネスラボラトリー3F VBLホール 2016年10月7日(金)

(ポスター発表)
  • トリフルオロエトキシ基修飾型フタロシアニン色素を用いる光フルオロアルキル化反応
    ○松崎 浩平、広村知也、徳永 恵津子、柴田 哲男 (優秀ポスター発表賞受賞)
  • 周辺をトリフルオロエトキシ基でコーティングしたフタロシアニン二量体の合成と性質
    ○徳永 恵津子、辻 享兵、森 悟、柴田 哲男

第39回フッ素化学討論会
アバンセ(どんどんどんの森) 2016年9月29日(木)~30日(金)

(ポスター発表)
  • 周辺にフッ素官能基を持つフタロシアニン類の合成とその色調
    ○徳永 恵津子、辻 享兵、森 悟、柴田 哲男
  • クロロテトラフルオロスルファニル基を有するピリジン化合物の合成研究
    ○高田大裕、Das Prajwalita、徳永恵津子、松崎浩平、斎藤記庸、柴田哲男
  • 含フッ素ハロゲン結合供与体の合成と反応開発
    ○松崎 浩平、宇野寛人、徳永 恵津子、柴田 哲男

第46回 複素環化学討論会
金沢歌劇座 2016年9月26日(月)~28日(水)

(ポスター発表)
  • クロロテトラフルオロスルファニル(SF4Cl)基を持つピリジン類の合成と反応
    ○高田大裕・Das Prajwalita・徳永恵津子・松崎浩平・斎藤記庸・柴田哲男
  • ベンゼン縮環型トリフルオロエトキシ化フタロシアニンダイマーのプロトン化による色調変化
    ○辻 享兵・森 悟・徳永 恵津子・柴田 哲男
  • 含フッ素サブフタロシアニンを用いた赤色光励起型トリフルオロメチル化反応の開発
    ○広村 知也・松崎 浩平・徳永 恵津子・柴田 哲男

第19回ヨウ素学会シンポジウム
千葉大学 西千葉キャンパス 2016年9月16日(金)

(口頭発表)
  • ビススルホニル骨格を有する新規ハロゲン結合供与型化合物の設計と合成および触媒機能
    ○松崎浩平・宇野寛人・徳永恵津子・柴田哲男
(ポスター発表)
  • ペンタフルオロスルファニルピリジン基を有する超原子価ヨウ素試薬の開発
    ○高田大裕、Das Prajwalita、徳永恵津子、松崎浩平、斎藤記庸、柴田哲男
  • 含フッ素アリールヨードニウム塩の生物活性に関する研究
    ○徳永恵津子、松崎浩平、Das Prajwalita、高田大裕、斎藤記庸、柴田哲男

第6回フッ素化学若手の会
マホロバ・マインズ三浦 2016年8月29日(月)~30日(火)

(ポスター発表)
  • ペンタフルオロスルファニルピリジン基を導入するヨードニウム塩型試薬の開発
    ○高田大裕、Das Prajwalita、徳永恵津子、松崎浩平、斎藤記庸、柴田哲男
  • トリフルオロエトキシ化フタロシアニンの縮環ダイマーのプロトン化による色調変化
    ○辻 享兵、森 悟、徳永 恵津子、柴田 哲男
  • 含フッ素フタロシアニンを触媒に用いた赤色光照射によるトリフルオロメチル化反応の開発
    ○広村知也,松崎浩平,徳永恵津子,柴田哲男
  • 含フッ素アルツハイマー治療薬の設計と合成
    ○近藤寛也、前野万也香、徳永恵津子、柴田哲男
  • ヨードイリド型試薬を用いた求電子的ジフルオロメチルチオ化反応
    ○松原王起也、有森貞幸、高田大裕、柴田哲男

日本プロセス化学会2016サマーシンポジウム
名古屋国際会議場 2016年7月28日(木)~29日(金)

(ポスター発表)
  • ペンタフルオロスルファニルピリジン基導入試薬の開発
    ○高田大裕,Das Prajwalita,徳永恵津子,松崎浩平,斎藤記庸,柴田哲男
  • ヨードイリド型直接的ジフルオロメチルチオ化試薬の開発
    ○松原王起也,有森貞幸,高田大裕,柴田哲男
  • サブフタロシアニン類を用いた赤色光による触媒的トリフルオロメチル化反応の開発
    ○広村知也,松崎浩平,徳永恵津子,柴田哲男
  • ジフルオロエチレンの新規合成方法の開発
    郭明,○住井裕司,徳永恵津子,柴田哲男
  • 2-Diazo-1-phenyl-2-((trifluoromethyl)sulfonyl)ethan-1-one: Another Utility for Electrophilic Trifluoromethylthiolation Reactions
    ○ Zhongyan Huang,Kenta Okuyama,Etsuko Tokunaga,Norio Shibata

第62回日本薬学会東海支部 総会・大会
愛知学院大学 楠元キャンパス 2016年7月9日(土)

(口頭発表)
  • Stereoselective Synthesis of β-Lactam-triflones under Catalyst-Free Conditions
    ○Zhongyan Huang・Chen Wang・Etsuko Tokunaga・Yuji Sumii・Norio Shibata
  • トリフルオロメタンスルホニルクロリドを用いた求電子的トリフルオロメチルチオ化反応
    ○近藤寛也・前野万也香・Chachignon Helene・Cahard Dominique・柴田哲男
  • Synthesis and Application of novel SF5-pyridine aryliodonium reagents for SF5-heteroarylation of various nucleophiles
    ○Das Prajwalita・Takada Masahiro・Matsuzaki Kohei・Tokunaga Etsuko・Saito Norimichi・Shibata Norio
  • トリフルオロエトキシ化した縮環型フタロシアニンダイマーのプロトン化による色調変化
    ○辻享兵・森 悟・徳永恵津子・柴田哲男
  • 脱フッ素化による2,2-ジフルオロ-1-アリールビニル-ピナコールボレートの合成と応用
    郭 明・○住井裕司・徳永恵津子・柴田哲男

5th International Conference on Hypervalent Iodine Chemistry (ICHIC 2016)
Les Diablerets, Switzerland 2016年7月3日(日)~6(水)

(ポスター発表)
  • Development of Difluoromethanesulfonyl Hypervalent Iodonium Ylide for Electrophilic Difluoromethylthiolation Reaction
    ○Okiya Matsubara・Sadayuki Arimori・Masahiro Takada・Etsuko Tokunaga・Yuji Sumii・Norio Shibata

Molecular Chirality Asia 2016
Knowledge Capital Congres Convention Center, Osaka, Japan 2016年4月20日(水)~22日(金)

(ポスター発表)
  • Biological Evaluation of Both Mirror Images of Thalidomide and Fluorothalidomide
    ○Etsuko Tokunaga・Hidehiko Akiyama・Takeshi Yamamoto・Emi Ito・Mayaka Maeno・Norio Shibata
  • Decarboxylative Asymmetric Allylic Alkylation of α-Fluorinated Indanone Carboxylates with Tri-substituted Allyl Esters
    ○Hiroya Kondo・Mayaka Maeno・Etsuko Tokunaga・Yuji Sumii・Norio Shibata
  • Copper-Catalyzed Asymmetric Electrophilic Difluoromethylthiolation of β-Keto Esters Using Difluoromethanesulfonyl Iodonium Ylides
    ○Okiya Matsubara・Masahiro Takada・Yuji Sumii・Etsuko Tokunaga・Norio Shibata

pagetop