名古屋工業大学 柴田研究室

アクセス・リンク

アクセス (Access)

柴田研究室 学内地図 (Campus Map)

当研究室は19号館の6階628室(居室)です。柴田教授の部屋は622室です。
19号館は、正門から約200 mほど進んだところにあります。

学内地図 拡大 

名古屋工業大学への交通案内 (Access Map) 

名古屋駅(JR・近鉄・名鉄・地下鉄)から
JR中央線:「名古屋」から「鶴舞」へ12分。JR鶴舞駅(名大病院口)から徒歩約7分
地下鉄鶴舞線「鶴舞」下車(4番出口)徒歩約10分
中部国際空港から
空港線「空港駅」から名鉄電車で、「名鉄名古屋」へ28分
詳しくはこちら (Access from Centrair)

交通案内図
周辺地図
map of surrounding areas (English)

連絡先 (Contact Information)

〒466-8555
愛知県名古屋市昭和区御器所町
名古屋工業大学大学院工学研究科 ながれ領域
生命・応用化学専攻 生命・物質化学分野
共同ナノメディシン科学専攻

〒466-8555
Department of Nanopharmaceutical Sciences,
Department of Life and Applied Chemistry,
Nagare College, Nagoya Institute of Technology,
Gokiso, Showa-ku, Nagoya

教授 柴田哲男

e-mail: nozshiba★nitech.ac.jp
(★を@にかえてメールしてください)

Professor Dr. Norio Shibata

e-mail: nozshiba[at]nitech.ac.jp

pagetop

大学院博士前期課程,後期課程,研究生の案内

◇本学の博士後期課程の募集は,1次募集,2次募集があります
(1次募集) 出願:7月中旬、口述試験:8月下旬
(2次募集) 出願:1月中旬、口述試験:1月下旬
◇本学の博士前期課程(一般)の出願は,例年7月中旬です
出願:7月中旬、試験:8月中旬

◇本学の研究生の募集は年2回です(4月入学:1月締切、10月入学:7月締切)
詳しい内容は名工大の募集要項をご覧ください。

◇外国人留学生の場合、研究生出願の締切日・手続きが異なります。
本学のHPをご覧ください。出願要項
名古屋工業大学平成31年度学部研究生および大学院研究生(外国人留学生)
平成31年(2019年)度の締め切り
4月入学(2019年前期):平成30年12月10日(月)必着
10月入学(2019年後期):平成31年5月24日(金)必着

入試に関する詳しい内容は名工大の入試日程募集要項をご覧ください。

Journal Links

  • Nature
  • Nature chemistry
  • nature communications
  • Scientific Reports
  • Nature Revies Chemistry
  • Communications Chemistry
  • Science
  • Science Advances
  • Chemistry & Engineering news
  • J. Am. Chem. Soc.
  • J. Org. Chem
  • Org. Lett.
  • ACS Catalysis
  • Acc. Chem. Res.
  • Chemical Reviews
  • ACS Omega
  • Organometallics
  • ACS Central Science
  • Angew. Chem., Int. Ed.
  • Adv. Synth. Catal.
  • Eur. J. Org. Chem.
  • Chem. Eur. J.
  • Asian J. Org. Chem.
  • ChemistryOpen
  • Chemical Science
  • Chem. Commun.
  • Green Chemistry
  • RSC Advances
  • R. Soc. open sci.
  • Chemical Society Reviews
  • Chirality
  • Dalton Transactions
  • Org. Biomol. Chem.
  • J. Fluorine. Chem.
  • Tetrahedron Letters
  • Tetrahedron
  • Bull. Chem. Soc. Jpn.
  • Heterocycles
  • OPR & D
  • Chem. Pharm. Bull.
  • Fluorine Notes
  • Organic Syntheses
  • Chemistry Links

  • 日本化学会
  • 日本薬学会
  • 日本フッ素化学会
  • 日本農薬学会
  • 有機合成化学協会
  • 日本学術振興会
  • ヨウ素学会
  • 日本プロセス化学会
  • 色材協会
  • 中部化学関係学協会事務局
  • 日本薬学会東海支部
  • 新学術 中分子戦略 新学術 精密制御反応場

    Links to Other Groups
  • the Gouverneur Group, University of Oxford
  • the Haufe Group, University of Münster
  • V. Soloshonok, Ikerbasque Research Professor
  • D. Cahard, Directeur de Recherche CNRS, COBRA
  • Vicic lab, Lehigh University
  • Fustero Group, Organic Chemistry at University of Valencia
  • The O'Hagan Lab, The University of St Andrews
  • Chemistry tools

  • Sci finder
  • REAXYS
  • 日本特許検索:J-PlatPat
  • ヨーロッパ特許検索:EPO
  • NMR Chemical Shifts of Trace Impurities, Organometallics, 2010, 29(9), 2176.
  • Development of GSK’s NMR guides, Green Chem., 2016, 18, 3867.
  • Exposing the Origins of Irreproducibility in Fluorine NMR Spectroscopy, Angew. Chem. Int. Ed., 2018, 57, 9528.
  • ChemBiofinder.com
  • IASO
  • Web of Science
  • Google scholar
  • 化学書資料館
  • pagetop