名古屋工業大学 柴田研究室

研究業績

学会発表

学会発表

2019年2018年2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年

2014年度

日本化学会 第95春季年会 日本大学 理工学部船橋キャンパス/薬学部 2015年3月26日(木)~29日(日)
(口頭発表)
  • トリフルオロメチル基を有するサブフタロシアニンの設計と合成
    ○永井健一朗・森 悟・飯田紀士・柴田哲男・徳永恵津子
  • トリフルオロエトキシ基を有する新規ダブルデッカー型フタロシアニンの合成
    ○小川直也・森 悟・柴田哲男
  • 不斉トリフルオロメチル化反応を用いた抗肥満薬HSD-016の触媒的合成法開発
    ○安田吉将・大楠 賢・柴田哲男
  • 求電子的および求核的なトリフルオロメチル化反応を用いた、含フッ素化合物の合成
    ○有森貞幸・西峯貴之・平等尋美・柴田哲男
  • 新規+SCF3試薬を用いたトリフルオロメチルチオ化反応の開発研究
    ○高田大裕・有森貞幸・柴田哲男
  • 含フッ素森田-ベイリス-ヒルマン付加体への不斉アルキニル化反応の開発・・・学生講演賞受賞
    ○大楠 賢・岡崎裕樹・徳永恵津子・柴田哲男
  • 有機触媒を用いたC-F結合活性化型プロパギル位不斉フルオロアルキル化反応の開発
    ○福士和伸・西峯貴之・平等尋巳・徳永恵津子・柴田哲男
  • 炭素-フッ素結合開裂反応を鍵反応とするモノフルオロメチル置換エポキシドの合成
    ○田中隼紀・有森貞幸・徳永恵津子・柴田哲男
  • 糖縮合型含フッ素フタロシアニンの設計・合成と光線力学的癌治療法への展開
    ○森 悟・飯田紀士・吉山英幸・林 正道・徳永恵津子・柴田哲男
(ポスター発表)
  • ペンタフルオロスルファニルフェニルアジド類の開発と生理活性物質の合成
    ○徳永恵津子・楊 宇東・松崎浩平・大楠 賢・柴田哲男

日本薬学会第135回年会 兵庫 2015年3月25日(水)~28日(土)
(口頭発表)
  • ペンタフルオロスルファニルフェニル基を持つトリアゾールの合成とその抗腫瘍活性
    ○徳永恵津子・楊 宇東・松崎浩平・大楠 賢・秋山秀彦・柴田哲男

日本農薬学会第40回大会 玉川大学 2015年3月18日(水)~20日(金)
(口頭発表)
  • 求電子的トリフルオロメチルチオ化試薬を用いた合成研究
    ○高田大裕・有森貞幸・柴田哲男
  • 有機触媒を用いた不斉トリフルオロメチル化反応による抗肥満薬HSD-016の合成法開発
    ○安田吉将・大楠 賢・柴田哲男
  • イソキサゾールへの求核的ジフルオロメチル化反応
    Wang Xin・徳永恵津子・○柴田哲男
  • 水溶性フッ素化試薬Me-NFSIを用いたフッ素化反応の開発
    ○福士和伸・鈴木 悟・加茂智浩・徳永恵津子・柴田哲男

4th International Symposium on Ceramics Nanotune Technology (ISCeNT4) Nagoya Institute of Technology 2015.3.2-4
(口頭発表)
  • Pentafluorophenylation and pentafluorosulfanylarylation using diaryliodonium salts・・・BEST Presentation Award受賞
    ○Kohei Matsuzaki
  • Copper-catalyzed regioselective trifluoromethylthiolation of pyrroles and aryl amines by trifluoromethanesulfonyl hypervalent iodonium salts
    ○Zhongyan Huang

Japan/Russian Conference on Fluorine Chemistry and Friends 2014 Nagoya Institute of Technology 2014.12.8-10
(口頭発表)
  • Novel Shelf-stable Reagents for Trifluoromethylation and Difluoromethylation Reaction
    ○Ibrayim Saidalimu
  • Fluoroalkyl-Wrapped Push-Pull Porphyrins as Potential Dye-sensitized Solar Cells
    ○Andrii Balia
  • Bis(pentafluorosulfanyl)phenyl Azide as an Expeditious Tool for Click Chemistry toward Abtitumor Pharmaceuticals
    ○Etsuko Tokunaga
  • Trifluoromethylthiolation of Pyrroles and Aryl Amines by Trifluoromethanesulfonyl Hypervalent Iodonium Ylide
    ○Zhongyan huang
  • Synthesis and Optical Property of Novel Phthalocyanine Dimers
    ○Satoru Mori
  • Sterically demanding Diaryiodium Salts for Electrophilic Pentafluorophenylation
    ○Kohei Matsuzaki

第45回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会(春日井) 中部大学春日井キャンパス 2014年11月29日(土)~30日(日)
(口頭発表)
  • β位に置換基を有するフタロシアニンのC4h選択的な合成法の開発・・・奨励賞受賞
    ○飯田紀士・田中健太・徳永恵津子・柴田哲男
  • トリフルオロメチル基を有するフタロシアニン及びフタロシアニンダイマーの合成研究
    ○田中健太・飯田紀士・徳永恵津子・柴田哲男
  • 縮環型フタロシアニン-サブフタロシアニンダイマー誘導体の合成と分光学的性質
    ○森 悟・徳永恵津子・柴田哲男
  • フルオロホルムを用いたジフルオロメチル化反応の開発
    ○大楠 賢・柴田哲男
  • 含フッ素ジアリールヨードニウム塩の応用研究
    ○松崎浩平・奥山健太・徳永恵津子・柴田哲男
(ポスター発表)
  • C-F結合の活性化を伴うプロパルギニル位不斉トリフルオロメチル化反応の開発
    ○西峯貴之・森 悟・平等尋巳・徳永恵津子・柴田哲男
  • 有機触媒的プロパルギル位不斉トリフルオロメチル化反応の開発
    ○平等尋巳・西峯貴之・柴田哲男
  • フッ素官能基をもつダブルデッカー型フタロシアニンの合成
    ○小川直也・森悟・徳永恵津子・柴田哲男
  • アリルシランおよびシリルエノールエーテル類のトリフルオロメチルチオ化反応
    ○高田大裕・有森貞幸・柴田哲男
  • 森田-ベイリス-ヒルマンフロライドへの不斉アルキニル化反応の開発
    ○岡崎裕樹・大楠賢・柴田哲男
  • 転位反応による新規トリフロン化合物の合成法
    ○谷口海紗生・徐修華・徳永恵津子・柴田哲男
  • 有機触媒を用いた不斉トリフルオロメチル化反応によるエイズ治療薬Efavirenzの合成法開発
    ○安田吉将・大楠賢・柴田哲男

第32回メディシナルケミストリーシンポジウム 神戸国際会議場 2014年11月26日(水)~28日(金)
(ポスター発表)
  • ペンタフルオロスルファニルフェニルアジドのクリック反応を用いた医薬品候補化合物群の迅速合成
    ○徳永恵津子・楊 宇東・秋山秀彦・齋藤記庸・柴田哲男
  • ペンタフルオロスルファニルフェニル化試薬の開発と炭素 , 酸素 , 硫黄および 窒素求核種との反応
    ○安田吉将・大楠 賢・柴田哲男
  • イソキサゾールへの求核的ジフルオロメチル化反応
    Wang Xin・徳永恵津子・○柴田哲男
  • 水溶性フッ素化試薬Me-NFSIを用いたフッ素化反応の開発
    松崎浩平・奥山健太・徳永恵津子・齋藤記庸・○柴田哲男

第40回反応と合成の進歩シンポジウム 東北大学 川内萩ホール 2014年11月10日(月)~11日(火)
(ポスター発表)
  • 光学活性テトラゾール誘導体の合成を鍵反応とした新規癌治療薬の開発研究
    ○西峯貴之・森 悟・平等尋巳・徳永恵津子・柴田哲男
  • 有機触媒的プロパルギル位不斉トリフルオロメチル化反応の開発
    ○平等尋巳・西峯貴之・柴田哲男
  • 転位反応による新規トリフロン化合物の合成
    ○谷口海紗生・徐修華・徳永恵津子・柴田哲男
  • 新しいフルオロアリール化試薬の開発
    ○松崎浩平・奥山健太・柴田哲男
  • トリフルオロメチル化反応によるエイズ治療薬Efavirenzの不斉合成法の開発
    ○安田吉将・大楠 賢・柴田哲男

第29回農薬デザイン研究会 ホテルニューアカオ 2014年11月6日(木)~7日(金)
(ポスター発表)
  • 新規N-F型フッ素化試薬を用いたフッ素化反応の検討・・・優秀ポスター賞受賞
    ○福士和伸・鈴木 悟・加茂智浩・徳永恵津子・柴田哲男
  • テトラゾールの触媒的不斉導入法開発と生理活性物質合成への展開
    ○西峯貴之・森 悟・平等尋巳・徳永恵津子・柴田哲男
  • フルオロホルムを用いたアルキン類へのジフルオロメチル化反応の開発
    ○大楠 賢・徳永恵津子・柴田哲男
  • C-F結合活性化反応によるモノフルオロメチル置換エポキシドの合成
    ○田中隼紀・有森貞幸・徳永恵津子・柴田哲男
  • ペンタフルオロスルファニルフェニル基導入試薬の開発
    ○奥山健太・松崎浩平・徳永恵津子・柴田哲男
  • アリルシランおよびシリルエノールエーテル類のトリフルオロメチルチオ化反応
    ○高田大裕・有森貞幸・徳永恵津子・柴田哲男
  • フタロシアニン色素を用いたフルオロアルキル化反応の開発
    ○松崎浩平・岩本寛治・徳永恵津子・柴田哲男

第37回フッ素化学討論会 中央区立日本橋公会堂 2014年10月30日(木)~31日(金)
(口頭発表)
  • FN(SO2Me)2を用いたフッ素化反応の開発
    ○福士和伸・鈴木 悟・加茂智浩・徳永恵津子・柴田哲男
(ポスター発表)
  • C-F結合の活性化を伴うテトラゾール骨格のエナンチオ選択的導入法開発と癌治療薬への展開
    ○西峯貴之・森 悟・平等尋巳・徳永恵津子・柴田哲男
  • C-F結合の活性化を伴うプロパルギル位不斉フルオロアルキル化反応の開発
    ○平等尋巳・西峯貴之・徳永恵津子・柴田哲男
  • ペンタフルオロスルファニル(SF5)基を導入したフタロシアニンの合成と分光学的性質
    ○飯田紀士・田中健太・徳永恵津子・柴田哲男
  • ジアリールヨードニウム塩を用いたSF5アリール化反応
    ○松崎浩平・奥山健太・徳永恵津子・柴田哲男
  • フルオロホルムを用いた末端アセチレンへのジフルオロメチル化反応の開発・・・優秀ポスター賞受賞
    ○大楠 賢・徳永恵津子・柴田哲男
  • 相間移動触媒を用いたHIV治療薬Efavirenzの不斉合成法開発
    ○安田吉将・大楠賢・柴田哲男
  • 転位反応によるビニルトリフロン化合物の合成法の開発
    ○谷口海紗生・徐 修華・徳永恵津子・柴田哲男

2014年度色材研究発表会 愛知 2014年10月23日(木)~24日(金)
(口頭発表)
  • ペンタフルオロスルファニル基(SF5)を有するフタロシアニンの合成
    ○飯田紀仁・田中健太・徳永恵津子・柴田哲男
(ポスター発表)
  • トリフルオロエトキシ基によるサブフタロシアニンπ空間への分子補足
    ○森 悟・飯田紀士・徳永恵津子・柴田哲男
  • トリフルオロエトキシ基を有するダブルデッカー型フタロシアニンの合成と光学特性評価
    ○小川直也・森 悟・徳永恵津子・柴田哲男
  • ペンタフルオロスルファニル(SF5)基を導入したフタロシアニンの合成と分光学的性質
    ○飯田紀士・田中健太・徳永恵津子・柴田哲男
  • トリフルオロメチル基を導入したサブフタロシアニンの合成
    ○永井健一郎・飯田紀士・徳永恵津子・柴田哲男

第4回CSJ化学フェスタ2014 タワーホール船堀 2014年10月14日(火)~16日(木)
(ポスター発表)
  • 不斉有機触媒を用いたエイズ治療薬Efavirenzの合成
    ○安田吉将・大楠 賢・柴田哲男
  • C-F結合活性化反応による含フッ素エポキシドの合成
    ○田中隼紀・有森貞幸・徳永恵津子・柴田哲男

第17回ヨウ素化学シンポジウム 千葉大学 2014年9月19日(金)
(ポスター発表)
  • 求電子的フェニルサルファーペンタフロリド基導入試薬の開発
    ○奥山健太・松崎浩平・徳永恵津子・柴田哲男

第7回フルオラス科学研究会 北海道大学 百年記念会館 2014年9月9日(火)
(ポスター発表)
  • ペンタフルオロスルファニル基を持つフタロシアニンの合成研究
    ○飯田紀士・田中健太・徳永恵津子・柴田哲男

第25回基礎有機化学討論会 東北大学川内北キャンパス・萩ホール 2014年9月7日(日)~9日(火)
(ポスター発表)
  • 森田‐ベイリス‐ヒルマン付加体を用いた光学活性テトラゾール誘導体の合成と癌治療薬への展開
    ○西峯貴之・森 悟・平等尋巳・徳永恵津子・柴田哲男
  • 含フッ素サブフタロシアニンの分子包括特性
    ○森 悟・飯田紀士・徳永恵津子・柴田哲男

第4回フッ素化学若手の会 雄琴温泉 雄山荘 2014年8月7日(木)~8日(金)
(ポスター発表)
  • トリフルオロエトキシ基を含むダブルデッカー型フタロシアニンの合成及び,分光学的性質の調査
    ○小川直也・森 悟・徳永恵津子・柴田哲男
  • C-F結合活性化反応を経由する含フッ素オキシランの合成
    ○田中隼紀・有森貞幸・徳永恵津子・柴田哲男
  • 有機触媒を用いたエイズ治療薬Efavirenzの不斉合成法の開発
    ○安田吉将・大楠賢・柴田哲男

第34回有機合成若手セミナー 大阪大学豊中キャンパス 大阪大学会館 講堂 2014年8月5日(火)
(ポスター発表)
  • C-F 結合活性化を伴う光学活性テトラゾール誘導体の合成と新規癌治療薬開発への展望
    ○西峯貴之・平等尋巳・森 悟・徳永恵津子・柴田哲男・・・優秀ポスター賞受賞

日本プロセス化学会2014サマーシンポジウム タワーホール船堀 2014年7月31日(木)~8月1日(金)
(ポスター発表)
  • 不斉トリフルオロメチル化反応を用いたエイズ治療薬Efavirenz の触媒的合成法開発
    ○安田吉将・大楠 賢・河合洋幸・北山 卓・杉田 豊・徳永恵津子・柴田哲男
  • 水溶性N-F 型フッ素化試薬とその反応の開発
    ○福士和伸・鈴木 悟・加茂智浩・徳永恵津子・柴田哲男

XXVI International Conference on Organometallic Chemistry (ICOMC 2014) Royton Sapporo 2014年7月13日(日)~18日(金)
(ポスター発表)
  • Copper mediated Regioselective 1,4-Trifluoromethylation of α, β-Unsaturated Ketones
    ○Satoshi Okusu・Yutaka Sugita・Etsuko Tokunaga・Norio Shibata
  • Trifluoromethylation of Aryl and Vinyl Boronic Acids using a CF3+ reagent
    ○Sadayuki Arimori・Norio Shibata
  • Zinc 1,4,8,11,15,18,22,25-Octakis(2,2,2-trifluoroethoxy)phthalocyaninate: A Super Sensitive Proton Sensor
    ○Etsuko Tokunaga・Norihito Ida・Satoru Mori・Kenta Tanaka・Norio Shibata
  • Benzene-fused Dimer of Zinc-Pc and Boron-subPc: Synthesis and Properties
    ○Satoru Mori・Etsuko Tokunaga・Norio Shibata

4th International Conference of Hypervalent Iodine Chemistry ホテル ヒルトン成田 2014年7月2日(水)~5日(土)
(ポスター発表)
  • Development of hypervalent iodine-catalyzed fluorination using HF
    ○Takaaki hiramatsu・Satoru Suzuki・Tomohiro Kamo・Kazunobu Fukushi・Etsuko Tokunaga・Norio Shibata
  • Pentafluorophenylation with Diaryl Iodunium Salts and Asymmetric Synthesis of α-C6F5 ketones
    ○Kohei Matsuzaki・Kenta Okuyama・Etsuko Tokunaga・Norio Shibata

International Conference On Fluorine Chemistry 2014 Tokyo 2014年5月28日(水)~30日(金)
(ポスター発表)
  • DESIGN, SYNTHESIS AND PHOTOCYTOTOXICITY OF TRIFLUOROETHOXY-COATED PHTHALOCYANINE CONJUGATED WITH TETRAZOLE
    ○Satoru Mori・Yang Yu-Dong・Etsuko Tokunaga・Norio Shibata
  • SYNTHESIS OF AND PROPATIES OF TRIFLUOROMETHYLATED PHTHALOCYANINES
    ○Kazunobu Fukushi・Satoru Suzuki・Tomohiro Kamo・Takaaki Hiramatsu・Etsuko Tokunaga・Norio Shibata
  • BIS(PENTAFLUOROSULFANYL)PHENYL AZIDE AS AN EXPEDITIOUS TOOL FOR CLICK CHEMISTRY TOWARD ANTITUMOR PHARMACEUTICALS
    ○Etsuko Tokunaga・Yu-Dong Yang・Hidehiko Akiyama・Norio Shibata
  • NEW AND HIGHLY EFFICIENT DIFLUOROMETHYLATION REAGENTS FOR SP3-C NUCLEOPHILIES
    ○Xin Wang・Guokai Liu・Etsuko Tokunaga・Norio Shibata
  • REGIOSELECTIVE 1,4-TRIFLUOROMETHYLATION OF α, β-UNSATURATED KETONES
    ○Satoshi Okusu・Yutaka Sugita・Etsuko Tokunaga・Norio Shibata
  • COPPER CATALYZED TRIFLUOROMETHYLATION OF ARYL- AND VINYLBORONIC ACIDS WITH A CF3+ REAGENT
    ○Sadayuki Arimori・Norio Shibata
  • SYNTHESIS OF CHIRAL ARYL IODINE COMPOUNDS BY NUCLEOPHILIC ENANTIOSELECTIVE TRIFLUOROMETHYLATION OF O-IODOARYL KETONES AND ITS EXTENSION FOR CHIRAL HYPERVALENT IODINE REAGENTS
    ○Hiromi Taira・Xiu-Hua Xu・Takayuki Nishimine・Etsuko Tokunaga・Norio Shibata
  • CATALYTIC FLUORINATION REACTION USING HYPERVALENT IODINE
    ○Kazunobu Fukushi・Satoru Suzuki・Tomohiro Kamo・Takaaki Hiramatsu・Etsuko Tokunaga・Norio Shibata
  • KINETIC RESOLUTION OF ALLYLIC FLUORIDE BY ENANTIOSELECTIVE ALLYLIC SUBSTITUTION REACTION BASED ON AILICON-ASSISTED C-F BOND CLEAVAGE
    ○Takayuki Nishimine・Satoru Mori・Kazunobu Fukushi・Naoyuki Shibata・Hiromi Taira・Etsuko Tokunaga・Norio Shibata
  • ASYMMETRIC ALKYLATION OF α-PENTAFLUOROPHENYL CYCLIC KETONES
    ○Kohei Matsuzaki・Kenta Okuyama・Etsuko Tokunaga・Norio Shibata
  • SYNTHESIS OF AND PROPATIES OF TRIFLUOROMETHYLATED PHTHALOCYANINES
    ○Norihito Ida・Xiu-Hua Xu・Kenta Tanaka・Etsuko Tokunaga・Norio Shibata

IGER International Symposium on Chemical Science in Asia Facilitating Singapore-Japan Scientific Interchange 名古屋大学野依記念学術交流館2Fカンファレンスホール 2014年5月26日(月)~28日(水)
(ポスター発表)
  • Asymmetric Synthesis of α-Pentafluorophenyl Ketones Bearing an All-Carbon Stereogenic Center
    ○Kohei Matsuzaki・Kenta Okuyama・Etsuko Tokunaga・Norio Shibata
  • Iodoarene-Catalyzed Asymmetric Fluorination and Aminofluorination Using HF
    ○Kazunobu Fukushi・Satoru Suzuki・Tomohiro Kamo・Takaaki Hiramatsu・Etsuko Tokunaga・Norio Shibata

pagetop