名古屋工業大学 柴田研究室

研究業績

学会発表

学会発表

2019年2018年2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年

2013年度

日本薬学会第134年会(熊本) 熊本大学 2014年4月27日(木)~30日(日)
(口頭発表)
  • トリフルオロエトキシフタロシアニンの溶媒による色調変化についての考察
    ○徳永恵津子・飯田紀士・森 悟・田中健太・柴田哲男

日本化学会第94春季年会(2014) 名古屋大学 東山キャンパス 2014年3月27日(木)~30日(日)
(口頭発表)
  • ビニルトリフロンおよびヘテロアリールトリフロンの立体選択的な合成
    ○谷口海紗生・徐 修華・徳永恵津子・柴田哲男
  • tert-ブチルフタロシアニンのC4h選択的合成
    ○飯田紀士・田中健太・徳永恵津子・柴田哲男
  • ベンゼン縮環型トリフルオロメチルフタロシアニンダイマーの合成
    ○田中健太・飯田紀士・徳永恵津子・柴田哲男
  • 新規光学活性含フッ素超原子価ヨウ素試薬の開発研究
    ○平等尋巳・西峯貴之・徳永恵津子・柴田哲男
  • C-F結合活性化反応によるオキサゾリジノンの合成及び生理活性評価
    ○田中隼紀・鈴木 悟・寺田知里・徳永恵津子・柴田哲男
  • HFをフッ素源としたヨードアレーン触媒によるフッ素化反応
    ○鈴木 悟・加茂智浩・平松孝章・徳永恵津子・柴田哲男
  • 超原子価ヨウ素試薬を用いるα-ペンタフルオロフェニルケトン類の合成
    ○松崎浩平・奥山健太・徳永恵津子・柴田哲男
(ポスター発表)
  • α-ペンタフルオロフェニルケトン類の不斉アルキル化反応の開発
    ○奥山健太・松崎浩平・徳永恵津子・柴田哲男

日本農薬学会第39回大会 京都大学 2014年3月13日(木)~15日(土)
(口頭発表)
  • フルオロホルムを用いたトリフルオロメチル化
    ○鈴木 悟・大楠 賢・徳永恵津子・柴田哲男
  • C-F結合活性化を伴う光学活性含フッ素イソキサゾリン誘導体の合成
    ○西峯貴之・福士和伸・柴田直幸・平等尋巳・徳永恵津子・柴田哲男
  • HFを用いた触媒的不斉フッ素化反応の開発
    ○加茂智浩・鈴木 悟・平松孝章・福士和伸・徳永恵津子・柴田哲男
  • 選択的C-F結合活性化反応を鍵反応とする含フッ素医農薬候補化合物の合成
    ○田中隼紀・鈴木 悟・寺田知里・徳永恵津子・柴田哲男
  • 不斉トリフルオロメチル化反応を用いたエイズ治療薬Efavirenzの触媒的合成法 開発
    ○安田吉将・大楠 賢・河合洋幸・杉田 豊・徳永恵津子・柴田哲男

3rd International Symposium on Ceramics Nanotune Technology Nagoya Institute of Technology, the 52nd Building 2014. 3. 2-4
(口頭発表)
  • Trifluoromethylation of aryl boronic acids using SHIBATA-reagent
    ○Sadayuki Arimori
  • Decarboxylative allylation reaction of α-trifluoromethylsulfones
    ○Kazunobu Fukushi
  • New and highly efficient difluoromethylation reagentsfor sp3-C nucleophilies
    ○Xin Wang

第40回 有機典型元素化学討論会 近畿大学 2014年12月5日(木)~7日(土)
(口頭発表)
  • ヨウ素触媒を用いたフッ素化反応
    ○鈴木 悟・加茂智浩・平松孝章・徳永恵津子・柴田哲男
(ポスター発表)
  • 銅を用いたα, β-不飽和ケトンへの位置選択的1,4-トリフルオロメチル化反応の開発
    ○大楠 賢・杉田 豊・徳永恵津子・柴田哲男

第31回メディシナルケミストリーシンポジウム 広島 2013年11月20日(水)~22日(金)
(ポスター発表)
  • 3',5'- ジフルオロサリドマイドの合成及び生理活性
    ○前野万也香・平等尋巳・徳永恵津子・柴田哲男
  • 水溶性フタロシアニンの設計・合成と光線力学的癌治療法への展開
    ○森 悟・吉山英幸・徳永恵津子・柴田哲男

第28回農薬デザイン研究会 メルパルク京都 2013年11月8日(金)
(ポスター発表)
  • HFを用いた有機化合物への触媒的フッ素化反応
    ○鈴木 悟・加茂智浩・平松孝章・徳永恵津子・柴田哲男
  • 不斉トリフルオロメチル化反応による速度論敵光学分割を鍵反応とした光学活性含フッ素イソキサゾリン誘導体の合成
    ○西峯貴之・福士和伸・柴田直幸・平等尋巳・徳永恵津子・柴田哲男
  • S-(Phenylsulfonyldifluoromethyl)thiopheniumsalts: A New and Highly Efficient Difluoromethylation Reagents for sp3-C Nucleophilies
    ○王 欣・劉 国凱・徐 修華・徳永恵津子・柴田哲男
  • フルオロホルムを用いたトリフルオロメチル化反応の開発・・・優秀賞受賞
    ○大楠 賢・河合洋幸・杉田 豊・徳永恵津子・柴田哲男
  • 求電子的ペンタフルオロフェニル化試薬の開発
    ○松崎浩平・奥山健太・徳永恵津子・柴田哲男
  • 超原子価ヨウ素イリド骨格を有する新規トリフルオロメチルチオ化反応の開発
    ○東 綾香・楊 宇東・徳永恵津子・柴田哲男
  • ビニルトリフロン及びヘテロアリールトリフロンの立体選択的合成
    ○谷口海紗生・徐修華・徳永恵津子・柴田哲男

第39回反応と合成の進歩シンポジウム 九州大学 医学部 百年講堂 2013年11月5日(火)~6日(水)
(ポスター発表)
  • 求核的フッ素化剤を用いた超原子価ヨウ素試薬による触媒的フッ素化反応
    ○鈴木 悟・加茂智浩・徳永恵津子・柴田哲男

44回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会 (浜松) 静岡大学浜松キャンパス 2013年11月2日(土)~3日(日)
(口頭発表)
  • 不斉フルオロアルキル化反応による含フッ素森田-ベイリス-ヒルマン付加体の速度論的光学分割β-tert-Bu フタロシアニンの位置選択的合成法の開発
    ○西峯貴之・福士和伸・柴田直幸・平等尋巳・徳永恵津子・柴田哲男
  • Trifluoromethanesulfonyl Hypervalent Iodonium Ylide: A Novel Reagent for Trifluoromethylthiolation
    ○楊 宇東・東 綾香・徳永恵津子・山崎幹男・城 始勇・柴田哲男
  • トリフルオロメチル基を有するフタロシアニンの簡便な合成法の開発
    ○飯田紀士・田中健太・徳永恵津子・柴田哲男
  • S-(Phenylsulfonyldifluoromethyl)thiopheniumsalts: A new and highly efficient difluoromethylation reagents for sp3-C nucleophilies
    ○王 欣・劉国凱・徐修華・徳永恵津子・柴田哲男
  • ベンゼン連結型フタロシアニン-サブフタロシアニンへテロダイマーの開発
    ○森 悟・大井翔太・林正道・梅田将司・徳永恵津子・柴田哲男
(ポスター発表)
  • 新規キラル超原子価ヨウ素試薬の開発とそれを用いた不斉反応への展開
    ○平等尋巳・西峯貴之・徳永恵津子・柴田哲男
  • 超原子価ヨウ素を介した触媒的フッ素化反応
    ○平松孝章・鈴木悟・加茂智浩・福士和伸・徳永恵津子・柴田哲男
  • 含フッ素フタロシアニンの溶媒による色調変化について
    ○徳永恵津子・森悟・飯田紀士・柴田哲男
  • C4h対称なtert-ブチル基を有するフタロシアニンの選択的合成
    ○田中健太・飯田紀士・徳永恵津子・柴田哲男
  • 超原子価ヨウ素を用いたペンタフルオロフェニル基を有するケトン類の合成研究
    ○松崎浩平・奥山健太・徳永恵津子・柴田哲男

第3回CSJ化学フェスタ2013 タワーホール船堀 2013年10月21日(月)~23日(水)
(ポスター発表)
  • 超原子価ヨウ素イリドを用いる新規トリフルオロメチルチオ化反応の開発
    ○東 綾香・楊 宇東・徳永恵津子・柴田哲男
  • 触媒的フッ素化反応の開発
    ○加茂智浩・鈴木 悟・福士和伸・平松孝章・徳永恵津子・柴田哲男
  • 速度論的光学分割を伴う有機触媒的不斉フルオロアルキル化反応の開発
    ○平等尋巳・西峯貴之・福士和伸・柴田直幸・徳永恵津子・柴田哲男
  • 炭素-フッ素(C-F)結合活性化反応を用いたモノフルオロメチルオキサゾリジノンの合成研究
    ○寺田知里・鈴木 悟・田中隼紀・徳永恵津子・柴田哲男
  • 位置選択的なβ-tert-ブチルフタロシアニンの合成法の開発
    ○飯田紀士・田中健太・徳永恵津子・柴田哲男
  • 新規構造を有する含フッ素フタロシアニン-サブフタロシアニンダイマーの開発と分光学的性質
    ○森 悟・大井翔太・林 正道・梅田将司・徳永恵津子・柴田哲男
  • thia-Fries転位を用いた立体選択的なビニルトリフロンの合成
    ○谷口海紗生・徐 修華・徳永恵津子・柴田哲男

色材協会創立85周年記念会議 タワーホール船堀 2013年10月24日(木)~25日(金)
(ポスター発表)
  • β-tert-Bu フタロシアニンの位置選択的合成法の開発β-tert-Bu フタロシアニンの位置選択的合成法の開発・・・ポスター賞受賞
    ○飯田紀士・田中健太・徳永恵津子・柴田哲男
  • ベンゼン環縮環型フタロシアニン-サブフタロシアニンへテロダイマーの開発
    ○森 悟・大井翔太・林 正道・梅田将司・徳永恵津子・柴田哲男

第36回フッ素化学討論会 茨城 2013年11月5日(火)~6日(水)
(口頭発表)
  • ヨウ素試薬を用いる触媒的フッ素化反応
    ○鈴木 悟・加茂智浩・福士和伸・平松孝章・徳永恵津子・柴田哲男
(ポスター発表)
  • 含フッ素フタロシアニン-サブフタロシアニンヘテロダイマーの開発と分光学的性質
    ○森 悟・大井翔太・林 正道・梅田将司・徳永恵津子・柴田哲男
  • ペンタフルオロフェニル基を有するケトン類の効率合成
    ○松崎浩平・奥山健太・徳永恵津子・柴田哲男
  • 速度論的光学分割を伴う有機触媒的アリル位不斉フルオロアルキル化反応の開発
    ○西峯貴之・福士和伸・柴田直幸・平等尋巳・徳永恵津子・柴田哲男
  • 選択的炭素-フッ素結合活性化反応を経由する含フッ素有機化合物の合成
    ○田中隼紀・鈴木 悟・寺田知里・徳永恵津子・柴田哲男
  • トリフルオロメチル基を持つフタロシアニン誘導体の簡便な合成
    ○飯田紀士・田中健太・徳永恵津子・柴田哲男
  • トリフルオロエトキシフタロシアニンのソルバトクロミズム
    ○徳永恵津子・森 悟・飯田紀士・柴田哲男

10th International Symposium on Carbanion Chemistry Kambaikan, Doshisha University 2013年9月23日(月)~26日(木)
(ポスター発表)
  • Palladium Catalyzed Allylation of α-trifluoromethyl carbanions
    ○Kazunobu Fukushi・Tatsuya Furukawa・Satoru suzuki・Etsuko Tokunaga・Norio Shibata
  • Organocatalytic Enantioselective Monofluoromethylation of Indoles Using FBSM
    ○Kohei Matsuzaki・Tatsuya Furukawa・Etsuko Tokunaga・Norio Shibata

第16回ヨウ素シンポジウム 千葉大学けやき会館  2013年9月18日(水)
(ポスター発表)
  • ペンタフルオロフェニル化試薬の開発
    ○松崎浩平・奥山健太・徳永恵津子・柴田哲男

The 15th Asian Chemical Congress Singapore 2013年8月19日(月)~23日(金)
(ポスター発表)
  • Enantioselective Synthesis of Epoxides by Methylhydrazine-induced Aerobic Epoxidation of Trifluoromethyl-substituted Enones
    ○Satoshi Okusu・ Hiroyuki Kawai・Zhe Yuan・Etsuko Tokunaga・Norio Shibata
  • Organocatalyzed Asymmetric Allylic Trifluoromethylation and Kinetic Resolution Using Ruppert’s Reagent
    ○Takayuki Nishimine・Kazunobu, Fukishi・Naoyuki Shibata・Etsuko Tokunaga・Norio Shibata
  • Enantioselective Monofluoromethylation of Indole Derivatives Using FBSM
    ○Kohei Matsuzaki・Tatsuya Furukawa・Etsuko Tokunaga・Norio Shibata

第3回フッ素化学若手の会 琵琶湖リゾートクラブ  2013年8月8日(木)~9日(金)
(ポスター発表)
  • 酸化剤を用いる触媒的フッ素化反応の開発
    ○加茂智浩・鈴木 悟・福士和伸・徳永恵津子・柴田哲男
  • Thia-Fries転位を用いたビニルトリフロンの合成
    ○谷口海紗生・徐 修華・徳永恵津子・柴田哲男
  • 新しいトリフルオロメチルチオ化試薬の開発
    ○東 綾香・楊 宇東・徳永恵津子・柴田哲男
  • β-ケトエステルを用いた新規含フッ素サリドマイド誘導体の合成
    ○平等尋巳・前野万也香・徳永恵津子・柴田哲男
  • 求電子的ペンタフルオロフェニル化反応の開発
    ○松崎浩平・徳永恵津子・柴田哲男

The 5th Asian Arden Conference Nagoya 2013年8月5日(月)~6日(火)
(ポスター発表)
  • Design and Synthesis of Trifluoroethoxy-coated Phthalocyanines Conjugated with Cyclodextrins
    ○Satoru Mori・Hideyuki Yoshiyama・Satoru suzuki・Etsuko Tokunaga・Norio Shibata
  • Self-disproportionation of Enantiomers of Thalidomide and 3'-Fluorothalidomide with a Non-chiral System
    ○Mayaka Maeno・Etsuko Tokunaga・Norio Shibata

日本プロセス化学会2013サマーシンポジウム つくば国際会議場 2013年7月18日(木)~19日(金)
(ポスター発表)
  • 超原子価ヨウ素を用いた触媒的フッ素化反応の開発
    ○福士和伸・加茂智浩・鈴木 悟・徳永恵津子・柴田哲男
  • FBSMを用いるモノフルオロメチルインドール類のOne-Pot型不斉合成
    ○松崎浩平・古川達也・徳永恵津子・柴田哲男
  • 超原子価ヨウ素試薬を用いた非対称ビアリール化合物のトリフルオロメチル化反応の開発研究
    ○岩本寛治・楊 宇東・徳永恵津子・柴田哲男
  • 複核型含フッ素サブフタロシアニンの合成
    ○大井翔太・森 悟・徳永恵津子・柴田哲男
  • 3',5'-ジフルオロサリドマイドの合成
    ○前野万也香・徳永恵津子・柴田哲男

第59回日本薬学会東海支部 総会・大会 名城大学薬学部  2013年7月6日(土)
(口頭発表)
  • 両親媒性フタロシアニンの開発と光線力学的含治療法への展開
    ○森 悟・吉山英幸・徳永恵津子・柴田哲男
  • Selective O-Difluoromethylation of 1,3-Dinones by Bromodifluoromethylating Reagents
    ○王 欣・劉 国凱・徐 修華・徳永恵津子・柴田哲男
  • 超原子価ヨウ素を用いた触媒的フッ素化反応の開発
    ○加茂智浩・鈴木 悟・福士和伸・徳永恵津子・柴田哲男
  • 超原子価ヨウ素試薬を用いた非対称ビアリール化合物の酸化的トリフルオロメチル化反応の開発研究
    ○岩本寛治・楊 宇東・徳永恵津子・柴田哲男
  • ジアリールヨードニウム塩を用いたペンタフルオロフェニル化反応
    ○松崎浩平・徳永恵津子・柴田哲男
  • 環固定型サリドマイドの合成
    ○前野万也香・山本剛嗣・徳永恵津子・柴田哲男
  • Trifluoromethylsulfonyl Hypervalent Iodonium Yilede for Copper-Catalyzed Trifluoromethylthiolation of Enamines
    ○楊 宇東・東 綾香・徳永恵津子・柴田哲男
  • Copper-Catalyzed Trifluoromethylthiolation of Indol and β-Keto Esters
    ○東 綾香・楊 宇東・徳永恵津子・山崎幹男・城 始勇・柴田哲男

日本ケミカルバイオロジー学会 第8回年会 東京医科歯科大学M&Dタワー 2013年6月19日(水)~21日(金)
(ポスター発表)
  • 高エネルギー物質を用いた癌治療薬:新しい作用機序による医薬設計
    ○森 悟・徳永恵津子・柴田哲男

6th Symposium of Organocatalysis Prince Hotel Otsu 2013年5月27日(月))~28日(火)
(ポスター発表)
  • Enantioselective Synthesis of Epoxide by methylhydrazine-induced Aerobic Epoxidation of β-trifluoromethyl-β,β-disubstituted enones
    ○Satoshi Okusu・Hiroyuki Kawai・Zhe Yuan・Etsuko Tokunaga・Norio Shibata
  • 3,5-Bis(pentafluorosulfanyl)phenylboronic acid: A new organocataryst for Conia-ene carbocyclization of 1,3-dicarbonyl compounds having terminal alkynes
    ○Yu-Dong Yang・Xu Lu・Etsuko Tokunaga・Norio Shibata
  • Enantioselective Monofluoromethylation of Indol Derivatives Using FBSM
    ○Kohei Matsuzaki・Tatsuya Furukawa・Etsuko Tokunaga・Norio Shibata

第11回次世代を担う有機化学シンポジウム 日本薬学会長井記念ホール 2013年5月24日(金)~25日(土)
(口頭発表)
  • 選択的C-F結合活性化反応を用いるモノフルオロメチルオキサゾリジノン類の合成
    ○鈴木 悟・寺田知里・徳永恵津子・柴田哲男

Nagoya Symposium 2013 名古屋大学 2013年5月23日(木)
(ポスター発表)
  • Design and Synthesis of Locked Thalidomide
    ○Mayaka Maeno・Takeshi Yamamoto・Etsuko Tokunaga・Norio Shibata
  • Synthesis and Bioactivity of Trifluoroethoxy-coated Phthalocyanines Linked with Cyclodextrins
    ○Satoru Mori・Hideyuki Yoshiyama・Etsuko Tokunaga・Norio Shibata
  • Enantioselective Synthesis of Epoxides having a Tetrasubstituted Trifluoromethylated Carbon Center by Methylhydrazine-induced Non-metallic Aerobic Epoxidation of β,β-Disubstituted Enones
    ○Satoshi Okusu・Hiroyuki Kawai・Zhe Yuan・Etsuko Tokunaga・Norio Shibata

第20回記念シンポジウム「モレキュラー・キラリティー2013 京都大学 2013年5月10日(金)
(口頭発表)
  • β,β‐二置換トリフルオロメチルエノンへのメチルヒドラジンによる酸素分子を酸化剤に用いた不斉エポキシ化反応の開発
    ○大楠 賢・河合洋幸・徳永恵津子・柴田哲男
(ポスター発表)
  • 速度論的光学分割による光学活性フッ素化 Morita-Baylis-Hillman 誘導体の合成法開発
    ○福士和伸・西峯貴之・柴田直幸・徳永恵津子・柴田哲男
  • カラムクロマトグラフィーによるサリドマイド及びそのフッ素化体の不斉不均一化現象・・・優秀ポスター賞受賞
    ○前野万也香・徳永恵津子・柴田哲男

UK/Japan Conference in Catalytic Asymmetric Synthesis 仙台国際センター 2013年4月19日(金)~20日(土)
(ポスター発表)
  • Kinetic Resolution of Fluorinated Morita-Baylis-Hillman Adducts by Enantioselective Trifluoromethylation
    ○Kazunobu Fukushi・Takayuki Nishimine・Naoyuki Shibata・Etsuko Tokunaga・Norio Shibata

pagetop