名古屋工業大学 柴田研究室

研究業績

学会発表

学会発表

2019年2018年2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年

2008年度

日本化学会第89春季年会 日本大学 2009年3月27日(金)~30日(月)
(口頭発表)
  • スルホンイミド型有機触媒を用いるアセトアルデヒドの不斉アルドール反応
    ○原 範之・中村修一・柴田哲男・融 健
  • 環状構造を持つ求核的モノフルオロメチル化剤の設計と合成
    ○古川達也・後藤洋介・川添惇平・中村修一・柴田哲男・融 健
  • 不斉トリフルオロメチル化反応の開発研究
    ○則竹 瞬・野村佳則・黄 毅勇・中村修一・柴田哲男・融 健
  • トリフルオロピルビン酸エチルを用いた連続的不斉アルドール付加環化反応の開発
    ○小川真一・飯田紀士・中村修一・柴田哲男・融 健
  • アンモニウム塩およびクラウンエーテルを用いた不斉トリフルオロメチル化反応
    ○河合洋幸・楠田旭弘・中村修一・柴田哲男・融 健
  • CF3CH2CF2CH3(Solkane®)を溶媒として用いるトリフルオロメチル化反応の開発研究
    ○楠田旭弘・河合洋幸・中村修一・柴田哲男・融 健
  • 含フッ素サリドマイド誘導体の合成とその安定性に関する考察
    ○山本剛嗣・高島正行・中村修一・柴田哲男・融 健
  • クリック反応を利用した新規ビスシンコナアルカロイドの合成開発
    ○安井宏有貴・鈴木 悟・中村修一・柴田哲男・融 健
  • 部分置換トリフルオロエトキシフタロシアニンの凝集挙動
    ○吉山英幸・石内有美・中村修一・柴田哲男・融 健
  • ブタジイン連結ペルフルオロアルキル二核フタロシアニン:合成,光物性および電気化学的性質
    ○ダス バニブラタ・柴田哲男・吉山英幸・中村修一・融 健
(ポスター発表)
  • ヘテロアリールスルホニル基を用いるアジリジンの触媒的不斉開環反応:U-50,488の不斉合成
    ○林 真志・鎌田康利・平松祐一・中村修一・柴田哲男・融 健
  • アリル酢酸類への触媒的不斉フッ素化反応の開発の研究
    ○鈴木 悟・REDDY, Dhande Sudhakar・堀川貴生・中村修一・柴田哲男・融 健
  • 新規NCNピンサー型キラルビスイミダゾリン配位子を有するPd(II)及びNi(II)錯体の合成
    ○辻幸太郎・中村優子・中村修一・柴田哲男・融 健
  • アルデヒドに対する求核的モノフルオロメチル化反応の研究
    ○川添惇平・古川達也・中村修一・柴田哲男・融 健

日本薬学会第129年会 京都 2009年3月26日~28日
(口頭発表)
  • 含フッ素サリドマイド誘導体の設計と合成
    ○山本剛嗣・高島正行・中村修一・柴田哲男・融 健

19th Winter Fluorine Conference January 11-16, 2009 Tradewinds Island Grand Resort Hotel St. Petersburg Beach, Florida USA 京都 2009年3月26日~28日
(口頭発表)
  • Asymmetric Aldol-Type Reactions Using Trifluoropyruvate Catalyzed By Cinchona Alkaloids・・・19th Winter Fluorine Conference Travel Award受賞
    ○Shinichi Ogawa, Norio Shibata, Shuichi Nakamura and Takeshi Toru
  • Design and Synthesis of Novel Electrophilic Trifluoromethylation Reagents
    ○Shun Noritake, Norio Shibata, Shuichi Nakamura and Takeshi Toru

第35回 有機典型元素化学討論会 首都大学東京 2008年12月11日(木)~13日(土)
(口頭発表)
  • 分子内水素結合を有する新規スルホンイミド型有機触媒によるコンボルタマイジンA類縁体の不斉合成
    ○原 範之・中島弘樹・中村修一・柴田哲男・融 健
  • DBFOX-Ph/ルイス酸錯体によるマロン酸エステルとα-アリールアセテートへの触媒的不斉フッ素化反応の開発
    ○Dhande Sudhakar reddy・石丸剛久・堀川貴生・永井 淳・中村修一・柴田哲男・融 健
(ポスター発表)
  • 新しいトリフルオロメチル化試薬の設計,合成と反応
    ○則竹 瞬・Andrej Matsnev・Manoj Kumar Pandey・野村佳則・中村修一・柴田哲男・融 健

第27回メディシナルケミストリーシンポジウム 大阪 2008年11月26日~28日
(口頭発表)
  • サリドマイド誘導体の設計と合成
    ○山本剛嗣・高島正行・中村修一・柴田哲男・融 健

第32回フッ素化学討論会 名古屋国際会議場 2008年11月17日(月)~18日(火)
(口頭発表)
  • トリフルオロピルビン酸エチルを用いた不斉アルドール型反応の開発研究
    ○小川真一・飯田紀士・中村修一・柴田哲男・融 健
  • Enantioselective Fluorination of Malonates by DBDOX-Ph/Lewis Acid Complexes
    ○Dhande Sudhakar Reddy・永井 淳・中村修一・柴田哲男・融 健
(ポスター発表)
  • トリフルオロエトキシ置換基をもつフタロシアニンとフラーレンとのハイブリッド分子の合成と物性
    ○助口大介・吉山英幸・Suraya Prakash Sing・中村修一・柴田哲男・融 健・林 靖彦・曽我哲夫
  • Perfluoroalkylated Phthalocyanines Conjugated with Deoxyribonucleic Acids: Synthesis and Properties
    ○Banibrata Das・柴田哲男・中村修一・融 健
  • フルオロ型ジョンソン試薬の開発と炭素求核剤へのトリフルオロメチル化反応
    ○則竹 瞬・Andrej Matsnev・野村佳則・中村修一・柴田哲男・融 健
  • トリフルオロエトキシフタロシアニンの会合状態とソルバトクロミズム
    ○石内有美・吉山英幸・中村修一・柴田哲男・融 健
  • パラジウムを用いたアリルジアセテート化合物類に対する不斉モノフルオロメチル化反応
    ○後藤洋介・中村修一・柴田哲男・融 健
  • 新規キラルビスイミダゾリン触媒を用いるトリフロオロピルビン酸エチルとインドール類の不斉Friedel-Crafts反応
    ○中村優子・兵藤憲吾・中村修一・柴田哲男・融 健
  • FBSMを用いた触媒的エナンチオ選択的Michael付加反応
    ○古川達也・川添惇平・中村修一・柴田哲男・融 健
  • DBFOX-Ph を用いた α-アリル酢酸へのエナンチオ選択的フッ素化反応
    ○堀川貴生・石丸剛久・Dhande Sudhakar Reddy・中村修一・柴田哲男・融 健
  • キナアルカロイド触媒を用いたα-トリフルオロメチルアクリレートの不斉Michael反応
    小川真一・○飯田紀士・黄毅 勇・Andrej Matsnev・中村修一・柴田哲男,融 健
  • キラルクラウンエーテルを用いた不斉トリフルオロメチル化反応
    ○河合洋幸・中村修一・柴田哲男・融 健
  • ペルフルオロフタロシアニン-糖鎖ハイブリッドの分光学的・光線力学的性質
    ○林 正道・吉山英幸・中村修一・柴田哲男・融 健・福永幸裕・三好憲雄

第39回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 名古屋 2008年11月8日~9日
(口頭発表)
  • 新規スルホンアミド型有機触媒を用いるコンボルタマイジンAの不斉合成・・・優秀賞受賞
    ○原 範之・中島弘樹・中村修一・柴田哲男・融 健
  • 凝集制御を目的としたトリフルオロエトキシコーティングフタロシアニンの設計・合成およびその物性
    ○吉山英幸・柴田哲男・石内有美・林 正道・中村修一・融 健
  • DBFOX-Phを用いたマロン酸エステルとα-アリル酢酸への触媒的不斉フッ素化反応
    ○Dhande Sudhakar Reddy・石丸剛久・永井 淳・堀川貴生・中村修一・柴田哲男・融 健
  • α-トリフルオロメチルアクリレートを用いる不斉Micheal反応の開発
    ○小川真一・黄毅勇・Andrew Matsnev・飯田紀士・中村修一・柴田哲男・融 健
  • Design, Synthesis and Photophysical Properties of Perfluoroalkylated Phthalocyanines Conjugated with Deoxyribonucleic acids
    ○Banibrata Das・柴田哲男・中村修一・融 健
  • フルオロJohnson試薬の開発とトリフルオロメチル化反応
    ○則竹 瞬・Andrew Matsnev・野村佳則・中村修一・柴田哲男・融 健
  • クリックケミストリーを用いた新規ビスキナアルカロイドの設計と合成
    ○安井宏有貴・鈴木 悟・中村 修一・柴田 哲男・融 健
  • FBSMを用いた触媒的エナンチオ選択的Michael付加反応
    ○古川達也・川添惇平・中村修一・柴田哲男・融 健・城 始勇
  • パラジウムを用いたアリルジアセテート類に対する不斉モノフルオロメチル化反応
    ○後藤洋介・中村修一・柴田哲男・融 健
  • サリドマイド類縁体の設計と不斉合成
    ○高島正行・山本剛嗣・中村修一・柴田哲男・融 健
  • 不斉トリフルオロメチル化反応の開発研究
    ○河合洋幸・中村修一・柴田哲男・融 健

第94回有機合成シンポジウム 東京 2008年11月7日~8日
  • ヘテロアリールスルホニル基を用いる不斉合成反応
    ○中村修一・山村明子・原 範之・平松祐一・中島弘樹・中村優子・柴田哲男・融 健

International Meeting on Fluorinated-Peptide Chemistry Novenber 4, 2008 Ochanomizu University
(ポスター発表)
  • Synthetic study of trifluorosurugatoxin using asymmetirc aldol-type reaction
    ○Shinichi Ogawa, Norihito Iida, Shuichi Nakamura, Norio Shibata, Takeshi Toru
  • Nucleophilic Enantioselective Trifluoromethylation Using Phase-Transfer Catalyst
    ○Hiroyuki Kawai, Shuichi Nakamura, Norio Shibata, Takeshi Toru
  • Fluorinated Johnson Reagent for Electrophilic-Trifluoromethylation reaction・・・ポスター賞受賞
    ○Shun Noritake, Norio Shibata, Shuichi Nakamura and Takeshi Toru

第58回錯体化学討論会 石川 2008年9月20日~22日
(口頭発表)
  • ペルトリフルオロエトキシフタロシアニンの非凝集性
    ○吉山英幸・林 正道・中村修一・柴田哲男・融 健
(ポスター発表)
  • テトラキス,オクタキス(トリフルオロエトキシ)フタロシアニンの会合状態
    ○石内有美・吉山英幸・林 正道・中村修一・柴田哲男・融 健
  • 糖鎖連結ペルフルオロフタロシアニンの光線力学的治療への展開
    ○林 正道・吉山英幸・稲垣淳司・中村修一・柴田哲男・融 健

第1回 プロセス化学国際シンポジウム 京都 2008年7月28日~30日
(ポスター発表)
  • Enantioselective Synthesis of (R)-Convolutamydine A with Novel N-Heteroarylprolinamide
    ○Noriyuki Hara, Hiroki Nakashima, Shuichi Nakamura, Norio Shibata, Takeshi Toru
  • Organocatalytic Enantioselective Hydrophosphonylation of Sulfonylimines Having Heteroarylsulfonyl Group
    ○Akiko Yamamura, Hiroki Nakashima, Shuichi Nakamura, Norio Shibata, Takeshi Toru
  • A Novel C2-Symmetric Chiral Bis(imidazoline) Ligands: Highly Enantioselective Friedel-Crafts Alkylation of Indoles with Ethyl 3,3,3-Trifluoropyruvate
    ○Yuko Nakamura, Kotaro Tsuji, Kengo Hyodo, Shuichi Nakamura, Norio Shibata, Takeshi Toru
  • Cinchona Alkaloids /TMAF Combination-Catalyzed Nucleophilic Enantioselective Trifluoromethylation of Aryl Ketones
    ○Hiroyuki Kawai, Satoshi Mizuta, Hiroyuki Fujimoto, Akiti Sulendar, Shuichi Nakamura, Norio Shibata, Takeshi Toru
  • Cinchona alkaloid-catalyzed asymmetric aldol-type reactions using trifluoropyruvates
    ○Shinichi Ogawa, Hiroyuki Fujimoto, Norihito Iida, Shuichi Nakamura, Norio Shibata, Takeshi Toru
  • Enzymatic Resolution and Evaluation of Enantiomers of cis-5'-Hydroxythalidomide
    ○Takeshi Yamamoto, Masayuki Takashima, Shuichi Nakamura, Norio Shibata, Takeshi Toru
  • Enantioselective Michael Addition Reaction using FBSM
    ○Tatsuya Furukawa, Satoshi Mizuta, Shuichi Nakamura, Norio Shibata, Takeshi Toru

Third International Conference on Advanced Organic Synthesis Directed toward the Ultimate Efficiency and Practicability 滋賀 2008年5月26日~27日
(ポスター発表)
  • Fluorophobic Repulsion and Fluorophilic Attraction Exist Together in the Molecule: TFEO-coated Binuclear Phthalocyanine
    ○Hideyuki Yoshiyama, Norio Shibata, Takefumi Sato, Shuichi Nakamura and Takeshi Toru
  • A Novel Reagent for Transfer-trifluoromethylation to Carbon Nucleophiles
    ○Shun Noritake, Norio Shibata, Shuichi Nakamura and Takeshi Toru

pagetop