名古屋工業大学 柴田研究室

研究業績

学会発表

学会発表

2019年2018年2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年

2010年度

日本薬学会 第131年会(静岡) 静岡 2011年3月28日(月)~31日(木)
(口頭発表)
  • Baylis-Hillman Carbonate に対するフルオロアルキル化反応の開発研究
    ○古川達也・川添惇平・西峯貴之・張 偉・徳永恵津子・柴田哲男
  • 新規求電子的ブロモジフルオロメチル化試薬の開発
    ○森 悟・劉 国凱・徳永恵津子・柴田哲男
  • 環固定型サリドマイドの合成とその安定性に関する考察
    ○山本剛嗣・徳永恵津子・柴田哲男
(ポスター発表)
  • フルオロサリドマイドの不斉合成と光学異性体の抗腫瘍活性
    ○徳永恵津子・秋山秀彦・山本剛嗣・伊藤絵美・前野万也香・柴田哲男

日本化学会第91春季年会 神奈川大学横浜キャンパス 2011年3月26日(土)~29日(火)
(口頭発表)
  • アルケニルケトンに対する不斉トリフルオロメチル化反応および光学活性アリールヘテロアリールトリフルオロメチルカルビノール群の合成
    ○河合洋幸・舘健太郎・徳永恵津子・柴田哲男
  • 新規求電子的ブロモジフルオロメチル化試薬の開発研究
    ○劉 国凱・森 悟・則竹 瞬・徳永恵津子・柴田哲男
  • 不斉Lewis酸触媒を用いた5-endo-dig環化反応
    ○鈴木 悟・Dhande Sudhakar Reddy・徳永恵津子・柴田哲男
  • 1,3-双極子環化付加反応によるトリフルオロメチル基含有化合物のジアステレオ選択的合成
    ○猪飼英典・小川真一・徳永恵津子・柴田哲男
  • α-トリフルオロメチルアクリレートを用いたアゾメチンイミンに対する無触媒下での1,3-双極子環化付加反応の開発
    ○西峯貴之・小川真一・徳永恵津子・柴田哲男
(ポスター発表)
  • エイズ治療薬Efavirenzの触媒的不斉合成法の開発
    ○北山 卓・河合洋幸・徳永恵津子・柴田哲男
  • カラムクロマトグラフィーにおけるサリドマイドの自己不均一化現象
    ○前野万也香・伊藤絵美・山本剛嗣・徳永恵津子・柴田哲男

The 2nd Symposium on Chiral Science & Technology:Mesochemistry & Chemical Wisdom 早稲田大学 2011年3月2日(水)
(ポスター発表)
  • 含フッ素サリドマイド誘導体の光学異性体間における生理活性差について
    ○徳永恵津子・秋山秀彦・山本剛嗣・伊藤絵美・前野万也香・柴田哲男
  • gem-ジアセテートに対する不斉モノフルオロメチル化反応
    ○古川達也・後藤洋介・徳永恵津子・柴田哲男
  • 光学活性含フッ素サリドマイド誘導体の合成と安定性に関する考察
    ○山本剛嗣・高島正行・徳永恵津子・柴田哲男

2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies ハワイコンベンションセンター 2010年 12月15日(水)~20日(月)
(ポスター発表)
  • Three-component synthesis of optically active propargylamines using pybim-copper(I) catalyst
    ○Mutsuyo Ohara, Yuko Nakamura, Shuichi Nakamura, Norio Shibata, Takeshi Toru
  • Simple synthesis of fluorine-containing heterocyles by noncatalytic 1,3-dipolar cyclization of azomethine imines with tert-butyl-(α-trifluoromethyl)acrylate (MAF-TBE)
    ○Takayuki Nishimine, Shinichi Ogawa, Etsuko Tokunaga, Norio Shibata
  • Enantioselective Friedel-Crafts Reaction of β-Trifluoromethylated Acrylates with Pyrroles
    ○Satoru Suzuki, Yiyong Huang, Etsuko Tokunaga, Norio Shibata
  • Recyclable montmorillonite-entrapped N-(2-Thiophenesulfonyl)prolinamide for asymmetric aldol reaction
    ○Noriyuki Hara, Shuichi Nakamura, Norio Shibata, Takeshi Toru
  • Asymmetric synthesis of optically active quaternary α-amino phosphonic acids
    ○Masashi Hayashi, Shuichi Nakamura, Yuichi Hiramatsu, Norio Shibata, Takeshi Toru

>4th International Workshop on Advanced Ceramics Decenber 10-12, 2010, Nagoya
(ポスター発表)
  • Synthesis of Palladium(Ⅱ) NCN-pincer Complexes with Novel Chiral Bis(imidazoline) Ligands and Application of Asymmetric Reaction
    ○Kengo Hyodo, Kotaro Tsuji, Shuichi Nakamura, Norio Shibata, Takeshi Toru

2010臭素化学懇話会年会 早稲田大学 2011年3月2日(水)
(ポスター発表)
  • 含フッ素サリドマイド誘導体の設計とその生理活性について
    ○徳永恵津子・秋山秀彦・山本剛嗣・伊藤絵美・前野万也香・柴田哲男

第29回 メディシナルケミストリーシンポジウム 京都テルサ 2010年11月17日(水)~19日(金)
(ポスター発表)
  • サリドマイドおよびそのフッ素化体における自己不均一化現象
    ○伊藤絵美・鈴木由香・山本剛嗣・徳永恵津子・中村修一・柴田哲男

第41回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 豊橋技術科学大学 2010年11月6日(土)~7日(日)
(口頭発表)
  • 新型Yagupolskii-梅本タイプトリフルオロメチル化試薬の合成と反応
    ○則竹 瞬・Andrej Matsnev・野村佳則・王 欣・徳永恵津子・中村修一・柴田哲男
  • (トリフルオロメチル)トリメチルシランを用いた不斉トリフルオロメチル化反応の開発・・・VIP賞賞受賞
    ○河合洋幸・舘健太郎・徳永恵津子・中村修一・柴田哲男
  • FBSMおよびFBDTを用いたモノフルオロメチル化反応の開発
    ○古川達也・川添惇平・徳永恵津子・中村修一・柴田哲男
  • ケチミンへのエナンチオ選択的ヒドロホスホニル化反応による光学活性α-アミノリン酸の合成
    ○林 真志・平松祐一・中村修一・柴田哲男・融 健
(ポスター発表)
  • サリドマイドおよびその誘導体の自己不均一化現象
    ○伊藤絵美・鈴木由香・山本剛嗣・徳永恵津子・中村修一・柴田哲男
  • α‐トリフルオロメチルアクリレートを用いたアゾメチンイミンに対する1,3-双極子環化付加反応の開発
    ○西峯貴之・小川真一・徳永恵津子・柴田哲男
  • 新しい求電子的ブロモジフルオロメチル化試薬の開発
    ○劉 国凱・森 悟・徳永恵津子・中村修一・則竹 瞬・柴田哲男
  • 新規NCNピンサー型ビスイミダゾリン配位子を用いるベンジルシアニドによるイミンへの不斉付加反応
    ○兵藤憲吾・辻 幸太郎・中村修一・柴田哲男・融 健
  • 回収再利用可能なモンモリロナイト担持有機触媒 を用いる不斉アルドール反応
    ○原 範之・中村修一・柴田哲男・融 健
  • ヘテロアリール基を有する不斉有機触媒を用いたケトン類へのアルドール反応
    ○田村亮太・原範之・中村修一・柴田哲男・融 健
  • 不斉有機触媒を用いるアレーンスルホニルイミンへのエナンチオ選択的脱炭酸型Mannich反応
    ○櫻井雄基・山村明子・中村修一・柴田哲男・融 健
  • 1,3-双極子の環化付加を用いた立体選択的含トリフルオロメチル基化合物の合成
    ○猪飼英典・小川真一・徳永恵津子・中村修一・柴田哲男
  • ソルカン365mfcを溶媒に用いたトリフルオロピルビン酸エチル及びグリオキサル酸エチルへのエナンチオ選択的Friedel-Crafts反応の開発
    ○楠田旭弘・徐修華・中村修一・柴田哲男
  • ルイス酸触媒を用いた不斉5-endo-dig環化反応
    ○鈴木 悟・Dhande Sudhakar Reddy・中村修一・柴田哲男
  • DBFOX-Ph金属錯体を用いたアセチルチアゾリジノン類に対する触媒的不斉水酸化反応の開発
    ○鈴木由香・鈴木 悟・徳永恵津子・中村修一・柴田哲男

第25回農薬デザイン研究会 ホテルクラウンパレス浜松 2010年11月5日(金)
(ポスター発表)
  • 環状型モノフルオロメチル化試薬FBDTを用いたアルデヒドに対する求核付加反応
    ○古川達也・後藤洋介・川添惇平・徳永恵津子・柴田哲男
  • ジアリールスルホニウム塩構造を有する求電子的ブロモジフルオロメチル化試薬の開発・・・ポスター賞受賞
    ○森 悟・劉 国凱・則竹 瞬・徳永恵津子・柴田哲男
  • 1,3-双極子環化付加反応を用いたトリフルオロメチル基含有複素環の立体選択的合成
    ○猪飼英典・小川真一・徳永恵津子・柴田哲男伊藤絵美・鈴木由香・山本剛嗣・徳永恵津子・中村修一・柴田哲男
  • サリドマイド誘導体のキラリティと生物活性について
    ○徳永恵津子・秋山秀彦・山本剛嗣・伊藤絵美・前野万也香・柴田哲男

第36回反応と合成の進歩シンポジウム ウインクあいち 2010年11月1日(月)~2日(火)
(口頭発表)
  • モノフルオロメチル化反応の開発研究
    ○古川達也・徳永恵津子・中村修一・柴田哲男、融 健
(ポスター発表)
  • モンモリロナイト担持N-(2-チオフェンスルホニル)プロリンアミド触媒を用いる不斉アルドール反応への展開
    ○原 範之・中村修一・柴田哲男・融 健
  • 三成分連結型反応を用いる光学活性プロパルギルアミンの高エナンチオ選択的合成法の開発
    ○小原睦代・中村優子・中村修一・柴田哲男・融 健
  • 光学活性四置換不斉炭素を有するα-アミノリン酸合成法の開発
    ○林 真志・平松祐一・中村修一・柴田哲男・融 健

第34回フッ素化学討論会 札幌サンプラザ 2010年10月18日(月)~19日(火)
(口頭発表)
  • 新しい求電子的トリフルオロメチル化試薬の開発
    ○則竹 瞬・Andrej Matsnev・野村佳則・中村修一・柴田哲男
(ポスター発表)
  • FBSMを用いた求核的モノフルオロメチル化反応
    ○古川達也・川添惇平・徳永恵津子・中村修一・柴田哲男
  • ソルカン365mfcを溶媒に用いる不斉Friedel-Crafts反応の開発
    ○楠田旭弘・徐 修華・徳永恵津子・中村修一・柴田哲男
  • 求電子的モノフルオロメチル化試薬の開発
    ○野村佳則・則竹 瞬・徳永恵津子・中村修一・柴田哲男
  • シンコナアルカロイド触媒を用いたアルキニルケトンに対する不斉トリフルオロメチル化反応
    ○舘健太郎・河合洋幸・徳永恵津子・中村修一・柴田哲男
  • 求電子的ブロモジフルオロメチル化試薬の開発
    ○森 悟・劉 国凱・則竹 瞬・徳永恵津子・中村修一・柴田哲男
  • ピロールとβートリフルオロメチルアクリル酸エステルとの不斉Friedel-Crafts反応
    ○鈴木 悟・黄 毅勇・徳永恵津子・中村修一・柴田哲男

フルオラス科学研究会第3回シンポジウム 長良川国際会議場 2010年10月8日(金)
(口頭発表)
  • 新規フッ素系溶剤ソルカン365mfcを溶媒に用いるトリフルオロメチル化反応の開発とその応用
    ○楠田旭弘・徐 修華・徳永恵津子・中村修一・柴田哲男
(ポスター発表)
  • 新規フッ素系溶剤ソルカン365mfcを溶媒に用いるグラーゼルカップリング反応
    ○徐 修華・楠田旭弘・徳永恵津子・中村修一・柴田哲男

第3回有機触媒シンポジウム 東北大学 2010年9月22日(水)
(ポスター発表)
  • 固体担持N-(2-チオフェンスルホニル)プロリンアミド触媒を用いる不斉アルドール反応
    ○原 範之・中村修一・柴田哲男・融 健
  • 有機触媒を用いるケチミンへのエナンチオ選択的ヒドロホスホニル化反応
    ○林 真志・平松祐一・中村修一・柴田哲男・融 健

第57回有機金属化学討論会 2010年9月9日~11日
(ポスター発表)
  • Chiral Bis(imidazoline)-Copper(I) Catalyzed Three-Component Synthesis of Optically Active Propargylamines
    ○Mutsuyo Ohara, Yuko Nakamura, Shuichi Nakamura, Norio Shibata, and Takeshi Toru

第21回基礎有機化学討論会 2010年9月16日~18日
(ポスター発表)
  • Montmorillonite担持不斉有機触媒の開発と不斉アルドール反応への展開
    ○原 範之・中村 修一・柴田 哲男・融 健

22nd International Symposium on Chirality (Chirality 2010; ISCD-22) 札幌 2010年7月12日(月)~15日(木)
(ポスター発表)
  • Chiral Bisimidazoline-Copper(I) Catalyzed Three-Component Reaction of Aldehydes, Amines and Alkynes
    ○Mutsuyo Ohara, Shuichi Nakamura, Yuko Nakamura, Norio Shibata, Takeshi Toru
  • Chiral Amplification in Enantioselective Fluorinations Using DBFOX-Ph/Metal salts
    ○Satoru Suzuki, Dhande Sudhakar Reddy, Etsuko Tokunaga, Shuichi Nakamura, Norio Shibata
  • Cinchona alkaloids catalyzed first enantioselective hydrophosphonylation of ketimines
    ○Masashi Hayashi, Shuichi Nakamura, Norio Shibata, Takeshi Toru
  • Enantioselective Aldol Reaction Using Recyclable Montmorillonite-Entrapped N-(2-Thiophenesulfonyl)prolinamide・・・ポスター賞受賞
    ○Noriyuki Hara, Shuichi Nakamura, Norio Shibata, Takeshi Toru
  • Self-disproportionation of enantiomers of the fluorinated compounds on chromatography with a non-chiral system
    ○Takayuki Nishimine, Shinichi Ogawa, Etsuko Tokunaga, Shuichi Nakamura, Norio Shibata

Molecular Chirality 2010 札幌 2010年7月11日(日)~12日(月)
(ポスター発表)
  • Enantioselective Desymmetrization of meso-Aziridines with Heteroarenesulfonyl Groups
    ○Mutsuyo Ohara, Shuichi Nakamura, Yuko Nakamura, Norio Shibata, Takeshi Toru
  • Enantioselective Synthesis of (R)-Convolutamydine A, B and E with N-(Heteroarenesulfonyl)prolinamides
    ○Noriyuki Hara,Shuichi Nakamura,Norio Shibata,Takeshi Toru

第56回日本薬学会東海支部総会・大会 岐阜薬科大学 2010年7月3日(土)
(口頭発表)
  • ソルカン365mfc を溶媒に用いるFriedel-Crafts 反応の開発
    ○楠田旭弘・王 欣・徳永恵津子・柴田哲男
  • DBFOX-Ph/金属錯体触媒を用いた不斉フッ素化反応における不斉増幅現象
    ○鈴木 悟・徳永恵津子・中村修一・柴田哲男
  • クリックケミストリーを用いたビスシンコナアルカロイドの合成および不斉触媒としての利用
    ○安井宏有貴・徳永恵津子・中村修一・柴田哲男
  • Montmorillonite 担持不斉有機触媒を用いる(R)-Convolutamydine A の不斉合成
    ○原 範之・中村修一・柴田哲男・融 健
  • アリルジアセテートに対する不斉モノフルオロメチル化反応
    ○古川達也・後藤洋介・徳永恵津子・中村修一・柴田哲男
  • 新型Yagupolskii-梅本タイプ試薬の合成:トリフルオロメタンスルホン酸を用いたortho-Ethynylaryltrifluoromethylsulfan の分子内環化反応
    ○則竹 瞬・Andrej Matsnev・野村佳則・徳永恵津子・中村修一・柴田哲男
  • 含フッ素化合物のシリカゲルカラムクロマトグラフィーでの自己不均一化
    ○西峯貴之・徳永恵津子・柴田哲男
  • サリドマイドの水中における自己不均一化現象
    ○伊藤絵美・鈴木由香・山本剛嗣・徳永恵津子・中村修一・柴田哲男
  • トリプルクリック反応を用いた風車型フタロシアニンの設計と合成
    ○梅田将司・Das Banibrata・徳永恵津子・中村修一・柴田哲男

pagetop