名古屋工業大学 柴田研究室

研究業績

学会発表

学会発表

2019年2018年2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年

2018年度

日本薬学会第139年会(千葉)
幕張メッセ、ホテルニューオータニ幕張 (千葉市)
2019年3月20日(水)~23日(土)

(口頭発表)
  • サリドマイドパラドックスを解明~鏡像異性体を持つ医薬品の使用に警鐘~ (22T-am06)
    ○徳永 恵津子, 柴田 哲男
    「年会講演ハイライト」の化学系薬学,医薬化学分野に掲載されました。 報道機関向け講演ハイライト

日本化学会 第99春季年会 (2019)
甲南大学 岡本キャンパス 兵庫県神戸市東灘区岡本8-9-1
2019年3月16日(土)~19日(火)

(ポスター発表)
  • Understanding the Thalidomide Chirality by the Self-disproportionation of Enantiomers (2PB- 001)
    〇TOKUNAGA, Etsuko; SHIBATA, Norio

日本農薬学会第 44回大会
名城大学 天白キャンパス 共通講義棟南 〒468-8502 名古屋市天白区塩釜口一丁目501
2019年3月11日(月)~13日(水)

(ポスター発表)
  • フロー・マイクリアターを用いたフルルオロホムによるトリフルオロメチル化反応 (C202)
    〇平野和希,権藤聡,徳永恵津子,柴田哲男
  • トランス型SF4部位を有するアルケン類の光反応を用いた合成(C203)
    ○棚川一裕,新名清輝,齋藤記庸,柴田哲男
  • テトラフルオロスルファニルクロリド類の簡便合成法の開発(C204)
    IbrayimSaidalimu,梁禹蒙,○新名清輝,棚川一裕,齋藤記庸,柴田哲男
  • 脱炭酸型アリル化反応を用いたα-ジフルオロメチルチオカルボニル化合物の不斉合成 (C205)
    ○佐々木健太,近藤寛也,前野万也香,柴田哲男
  • キナアルカロイド型相間移動触媒によるα-トリフルオロメトキシケトンの不斉合成(C206)
    ○梁禹蒙,前野万也香,柴田哲男
  • Pd触媒を用いたトリフルオロメチルジヒドロキノリン類の合成(C207)
    ○原田恭輔,Nagender Punna,Jun Zhou,柴田哲男

第33回農薬デザイン研究会
ホテルアンビア松風閣 〒455-0012 静岡県焼津市浜当目海岸通り星が丘
2018年11月8日(木) 13:00~9日(金)12:00

(ポスター発表)
  • α-(トリフルオロメチル)ベンジルクロリドとアリルスタナンの Stille-coupling 反応の開発 (P08)
    〇原田恭輔,Punna Nagender,徳永恵津子,柴田哲男
  • Highly C-selective difluoromethylation of β-ketoesters by using TMSCF2Br / lithium hydroxide / N,N,N-trimethylhexadecan-1-ammonium bromide(P10)
    ○Wang Jiandong,徳永恵津子,柴田哲男
  • 可視光によるトランス型テトラフルオロスルファニル部位を有するアルケン類の合成研究(P12)
    ○棚川一裕,新名清輝,徳永恵津子,柴田哲男

日本病院薬剤師会東海ブロック 日本薬学会東海支部 合同学術大会2018
静岡県立大学(草薙キャンパス)〒422-8526  静岡県静岡市駿河区谷田52-1
2018年11月4日(日)

(口頭発表)
  • ハロゲン結合を利用した新規 Csp3-I 型触媒の開発と反応 (L-5)
    ○宇野寛人,松崎浩平,徳永恵津子,柴田哲男
  • パラジウム触媒を用いた[5+4]環拡大反応によるトリフルオロメチルカルビノール含有新規9員環合成(L-6)
    ○権藤聡,Das Pulakesh,Punna Nagender,宇野寛人,徳永恵津子,柴田哲男
    (ベストプレゼンテーション賞 受賞)
  • 不凍活性物質の開発を志向した,含フッ素糖ペプチドと非フッ素糖ペプチドの設計と合成(M-17)
    ○日比野隼大,住井裕司,Ibrayim Saidalimu,徳永恵津子,柴田哲男

第49回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会(名古屋)
名古屋大学東山キャンパス(〒464-8603名古屋市千種区不老町)
2018年11月3日(土)-4日(日)

(口頭発表)
  • 不凍活性物質の開発を志向した含フッ素および非フッ素糖ペプチドの設計と合成 (1D06)
    〇住井裕司・日比野隼大・Ibrayim Saidalimu・徳永恵津子・柴田哲男
  • Highly C-selective difluoromethylation of -ketoesters by using TMSCF2Br/lithiumhydroxide/N,N,N-trimethylhexadecan-1-ammonium bromide(2D03)
    〇Wang Jiandong・Tokunaga Etsuko・Shibata Norio
  • フロン23によるgem-ジフルオロオレフィンへのトリフルオロメチル化反応の開発(2D10)
    〇平野和希・大楠賢・徳永恵津子・柴田哲男
(ポスター発表)
  • トランス型テトラフルオロスルファニル部位で連結したピリジン-トリアゾール化合物の合成 (1PA28)
    〇新名清輝・Das Prajwalita・徳永恵津子・柴田哲男

第41回フッ素化学討論会
弘前文化センター(弘前文化会館)(〒036-8356 青森県弘前市大字下白銀町19-4)
2018年10月25日(木)-26日(金)

(ポスター発表)
  • 両親媒性をもとに設計する含フッ素及び非フッ素糖ペプチドの不凍活性 (P-20)
    〇住井裕司・日比野隼大・Ibrayim Saidalimu・徳永恵津子・柴田哲男

第8回CSJ化学フェスタ2018
タワーホール船堀
2018年10月23日(火)~25日(木)

(ポスター発表)
  • フルオロホルムを用いたフロートリフルオロメチル化反応の開発 (P4-025)
    ○平野和希・権藤 聡・斎藤拓弥・柴田哲男
  • ベンゼン環縮環型フタロシアニン‐サブフタロシアニンヘテロダイマーのアキシャル位置換反応 (P4-038)
    ○片田龍太・森 悟・徳永惠津子・住井裕司・柴田哲男
  • パラジウム触媒を用いた[5+4]環拡大反応によるトリフルオロメチルカルビノール含有ヘテロ9員環合成(P8-017)
    ○権藤 聡・Das Pulakesh・Nagender Punna・宇野寛人・徳永恵津子・柴田哲男

28th International Symposium on the Organic Chemistry of Sulfur (ISOCS-28)
東京工業大学蔵前会館,〒252-8550 東京都目黒区大岡山2-12-1
2018年8月26日(日)~8月31日(金)

(ポスター発表)
  • Synthesis of Pyridine trans-Tetrafluoro-λ6-sulfanyl Triazoles
    ○Kiyoteru Niina, Prajwalita Das, Etsuko Tokunaga, Norio Shibata
  • Enantioselective Synthesis of α-Trifluoromethylthio Carbonyl Compounds via Palladium-catalyzed Decarboxylative Allylic Alkylation
    ○Mayaka Maeno, Kenta Sasaki, Hiroya Kondo, Norio Shibata

International Symposium on Main Group Chemistry Directed towards Organic Synthesis (MACOS)
Science Seminar House, Kyoto University, 京都大学理学研究科セミナーハウス,〒606-8501 京都市左京区吉田本町
2018年8月25日(土)

(ポスター発表)
  • Access to Benzo-Fused Nine-Membered Heterocyclic Alkenes with A Trifluoromethyl Carbinol Moiety via A Double Decarboxylative Formal Ring-Expansion Process under Palladium Catalysis
    ○Satoshi Gondo, Pulakesh Das, Punna Nagender, Hiroto Uno, Etsuko Tokunaga, Norio Shibata*
  • Stille Cross-coupling of Secondary and Tertiary α-(Trifluoromethyl)benzyl Chlorides with Allylstannanes
    ○Kyosuke Harada, Nagender Punna, Etsuko Tokunaga, Norio Shibata*

22nd International Symposium on Fluorine Chemistry
Oxford University Examination Schools, Oxford, UK(75-81 High Street, Oxford OX1 4BG)
Poster Session: Oxford University Museum of Natural History
2018年7月22(日)-27日(金)

(ポスター発表)
  • Synthesis of Aryl Triflons by Trifluoromethanesulfonylation of Benzynes
    ○Yuji Sumii,Etsuko Tokunaga, Norio Shibata
  • Design and synthesis of halogen-bonding donor with fluoro-bissulfonyl scaffold
    ○Hiroto Uno, Kohei Matsuzaki, Etsuko Tokunaga, Norio Shibata

第64回日本薬学会東海支部 総会・大会
金城学院大学 W2棟、W3棟(名古屋市守山区大森二丁目1723番地)
2018年6月30日(土)

(口頭発表)
  • フロー合成装置を用いたフルオロホルムによるトリフルオロメチル化反応の開発
    ○平野和希,権藤聡, 斎藤拓弥,柴田哲男
  • ベンザインへのトリフリル化によるアリールトリフロンの合成
    ○住井裕司、杉田 豊、徳永恵津子、柴田哲男
  • Regioselective Carbon-Difluoromethylation of β-Ketoesters Using TMSCF2Br as Difluorocarbene Source
    ○Wang Jiandong, Okusu Satoshi, Tokunaga Etsuko, Shibata Norio
  • トリフリルジアゾメタン型試薬を用いた[3+2]環化付加反応によるピラゾール-3-トリフロンの新規合成法
    ○権藤聡、Das Pulakesh、徳永恵津子、住井裕司、柴田哲男
  • α-(トリフルオロメチル)ベンジルクロリドとアリルスタナンとのStille Coupling 反応
    ○原田恭輔,Punna Nagender、徳永恵津子、柴田哲男
  • テトラフルオロスルファニルピリジン類の合成研究
    ○新名清輝,Das Prajwalita,徳永恵津子,柴田哲男

第113回有機合成シンポジウム2018年
名古屋大学坂田・平田ホール, 〒464-8603名古屋市千種区不老町
2018年6月6日(水)-7日(木)

(口頭発表)
  • パラジウム触媒による脱炭酸型アリル化反応を利用したα-OCF3カルボニル化合物の不斉合成
    〇前野万也香、近藤寛也、平野和希、柴田哲男
(ポスター発表)
  • トランス型テトラフルオロスルファニル基を有するピリジン誘導体の合成法の開発
    〇新名清輝、Das Prajwalita、徳永恵津子、柴田哲男
  • CF3-Pd-π-benzyl中間体を鍵とした, Stille Couplingによるα-トリフルオロメチルホモアリル誘導体の合成
    Punna Nagender、〇原田恭輔、徳永恵津子、柴田哲男

第16回 次世代を担う有機化学シンポジウム
大阪大学銀杏会館, 〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-2 大阪大学吹田キャンパス内
2018年5月18日(金)-19日(土)

(口頭発表)
  • トリフロン類の新規合成法の開発
    〇住井裕司,Das Pulakesh,黄 忠衍,徳永恵津子,柴田哲男

pagetop