名古屋工業大学 柴田研究室

研究業績

学会発表

学会発表

2019年2018年2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年

2004年度

日本化学会第85回春季大会 神奈川大学横浜キャンパス 2005年3月26日(土)~29日(火)
(口頭発表)
  • 嵩高いN-フルオロベンゼンスルホンイミド誘導体の合成と求電子的フッ素化反応
    ○福澄岳雄・杉浦雅祥・KANY-IVA Steohen Kyalo・中村修一・柴田哲男・融 健/li>
(ポスター発表)
  • ピリジルスルホニル基を活用するイミンへのエナンチオ選択的シアノ化反応
    ○杉本英基・中村修一・柴田哲男・融 健
  • フルオロカンプトテシンの不斉合成
    ○石丸剛久・島津圭佑・中村麻依・中村修一・柴田哲男・融 健
  • 不斉スルフィニル化試薬の開発と光学活性スルフィナートの新合成
    ○松永光晴・中村修一・柴田哲男・融 健
  • 光学活性サリドマイドの簡便合成法の開発
    ○古川豊貴・助口大介・中村修一・柴田哲男・融 健
  • サリドマイド代謝物の立体選択的合成と血管新生阻害作用についての比較
    ○山本剛嗣・助口大介・高島正行・中村修一・柴田哲男・融 健
  • ビスオキサゾリン型化合物を用いた高エナンチオ選択的な触媒的不斉フッ素化反応
    ○則竹 瞬・中村修一・柴田哲男・融 健
  • マロン酸エステルに対する触媒的不斉フッ素化反応
    ○Dhande Sudhaker Reddy・永井 淳・中村修一・柴田哲男・融 健
  • 1-フルオロビス(フェニルスルホニル)メタンを用いたエナンチオ選択的Michael付加反応
    ○河野順二・石丸剛久・高井和美・中村修一・柴田哲男・融・金政修司

第23回メディシナルケミストリーシンポジウム/第12回日本薬学会医薬化学部会年会 つくば 2004年11月24日(水)~26日(金)
(ポスター発表)
  • サリドマイド代謝物,5-ヒドロキシサリドマイドの不斉合成とそのラセミ化に関する考察
    ○助口大介・山本剛嗣・柴田哲男・融 健

第28回フッ素化学討論会 横浜 2004年11月4日~5日
(ポスター発表)
  • ビスオキサゾリン型化合を活用する触媒的不斉ハロゲン化反応の開発
    ○助口大介・山本剛嗣・柴田哲男・融 健
  • 反応系内で発生させたアンモニウムフロリド触媒による触媒的トリフルオロメチル化の開発
    ○日比野幹・長野伸一・柴田哲男・融 健

第35回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 名古屋 2004年9月17日~18日
(口頭発表)
  • キナアルカロイドを用いる光学活性スルフィン酸エステルの不斉合成
    ○松永光晴・中川正也・中村修一・柴田哲男・融 健
  • 両鏡像異性体をつくり分ける触媒的不斉フッ素化反応
    ○河野順二・石丸剛久・柴田哲男・融 健
  • 相間移動触媒能を有するフルオラスキナアルカロイドの設計と合成
    ○福澄岳雄・中村修一・柴田哲男・融 健
  • α-スルホニルカルボアニオンを用いたエナンチオ選択的反応
    ○北 健史・杉本英基・中村修一・柴田哲男・融 健

IUPACICOS-15 August 1-6, 2004, Nagoya, Japan
  • First Enantio-flexible Fluorination Reaction using Metal-Bis(oxazoline) Complexes・・・VIP賞受賞
    ○T. Ishimaru, J. Kouno, T. Nagai, N. Shibata, T. Toru
  • Chiral Ammonium Salts of Cinchona Alkaloids with Fluorous Ponytail:Synthesis and Application for Enantioselective Fluoribation Reaction
    ○T. Fukuzumi, M. Itoh, N. Shibata, S. Nakamura, T. Toru
  • Highly Enantioselective Reaction of α-Lithiated N, S-acetals: New Chiral Formyl Anion Equivalents
    ○L. Wang, S, Nakamura, T. Toru

International Symposium on Integrated Synthesis 2004 (ISIS 2004) July 4-5, 2004, Awaji, Japan
(ポスター発表)
  • Chiral Ammmonium Salts of Cinchona Alkaloids with Fluorous Ponytail: Synthesis and Application for Enantioselective Oxidation Reaction
    ○Takeo Fukuzumi, Norio Shibata, Shuichi Nakamura, Takeshi Toru

The international Congerence Fluorine Chemistry '04 KYoto May 9-11, 2004, Kyoto, Japan
(ポスター発表)
  • Catalytic Enantioselective Fluorination Reactions: Two efficient approaches using alkaloids and bis(oxazoline)s as catalystsa
    ○Norio Shibata, Takehisa Ishimaru, Motoki Hibino, Tatsuya Nagai, Takeshi Toru
  • First Enantioselective Fluorination of α-Sulfonyl Carbanions Generated from Trifluoromethylated Sulfones And n-BuLi with Bis(oxazoline)s
    ○Takeshi Kita, Shuichi Nakamura, Norio Shibata, Takeshi Toru

pagetop