名古屋工業大学 柴田研究室

研究業績

学会発表

学会発表

2019年2018年2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年

2017年度

日本薬学会第138年会
石川県立音楽堂 コンサートホール (総合受付) 〒920-0856 石川県金沢市昭和町 20-1
2018年3月25日(日)~28日(水)

(ポスター発表)
  • フルオロサリドマイドにおける光学異性と多発性骨髄腫活性,血管新生および催奇形性に関する考察
    ○徳永 恵津子1, 秋山 秀彦2, 柴田 哲男11名工大院工,2藤田保大医療)

日本化学会 第98春季年会 (2018)
日本大学理工学部 船橋キャンパス 〒274-8501 千葉県船橋市習志野台7-24-1
2018年3月20日(火)~23日(金)

(口頭発表)
  • トリフリルジアゾメタン等価体を用いた[3+2]環化付加反応によるピラゾール-3-トリフロンの合成
    ○権藤 聡・DAS Pulakesh・徳永 恵津子・住井 裕司・柴田 哲男
  • トランス型テトラフルオロスルファニル基を有するピリジン誘導体の合成研究
    ○新名 清輝・DAS Prajwalita・徳永 恵津子・柴田 哲男
  • CF3-DASTによる金属触媒を用いないトリフルオロメチルチオ化反応
    ○吉岡 拓哉・SAIDALIMU Ibrayim・徳永 恵津子・柴田 哲男
  • C-F 結合活性化を伴うMBH-フロリドの不斉ジフルオロメチル化反応
    ○宇野 寛人・王 建東・徳永 恵津子・柴田 哲男
  • α-(トリフルオロメチル)ベンジルクロリドとアリルスタナンのStille Cross Coupling 反応
    プンナ ナゲンダー・○原田 恭輔・徳永 恵津子・柴田 哲男
(ポスター発表)
  • 不凍活性物質を目指した含フッ素糖ペプチドの設計と合成
    住井 裕司・○日比野 隼大・徳永 恵津子・柴田 哲男
  • Fluorothalidomide: Studies of enantioselective biological activities including multiple myeloma, angiogenesis, and teratogenicity
    ○TOKUNAGA, Etsuko; SHIBATA, Norio

日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部 合同学術大会2017
(第27回日本病院薬剤師会東海ブロック・平成29年度日本薬学会東海支部例会)
鈴鹿医療科学大学 白子キャンパス 〒513-8670 三重県鈴鹿市南玉垣町3500-3
平成29年11月26日(日)

(ポスター発表)
  • トリフルオロメタンを利用したカルボニル基への求核的トリフルオロメチル化反応
    ○斉藤拓弥・徳永恵津子・柴田哲男
    (ベストプレゼンテーション賞 受賞)

第32回農薬デザイン研究会
大手町サンスカイルーム 〒100-0004 東京都千代田区大手町2丁目6番1号朝日生命大手町ビル27階
平成29年11月17日(金)

(ポスター発表)
  • ペンタフルオロスルファニル(SF5)官能基を持つ有機化合物の薬理活性に関する研究
    ○徳永恵津子・Das Prajwalita・柴田哲男
  • Pyridine trans-tetrafluoro-λ6-sulfane derivatives: An isostere to the Pyridine-yne-scaffold
    ○Prajwalita Das・Masahiro Takada・Etsuko Tokunaga・Norio Shibata
  • トリフルオロメタンを使用したトリフルオロメチル基導入反応 (優秀ポスター発表賞 受賞)
    ○斉藤拓弥・徳永恵津子・柴田哲男
  • テトラフルオロスルファニル基を有するピリジン化合物の立体選択的合成研究
    ○新名清輝・Das Prajwalita・徳永恵津子・柴田哲男

The 11th International Symposiumon Integrated Synthesis (ISONIS-11)
The 3rd International Symposium on Middle Molecular Strategy (ISMMS-3)

Awaji Yumebutai International Conference Center, Awaji Island
平成29年11月15日(水)-17日(金)

(ポスター発表)
  • Design and Synthesis of Fluoro-1,3-benzodithiole-1,1,3,3-tetraoxy-2-iodide, FBTD-I, for Halogen-bonding Catalysis
    ○Hiroto Uno, Kohei Matsuzaki, Etsuko Tokunaga, Norio Shibata

第40回フッ素化学討論会
とりぎん文化会館(鳥取県立県民文化会館、〒680-0017 鳥取市尚徳町101番地5)
平成29年11月14日(火)、15日(水)

(ポスター発表)
  • 有機超塩基を用いたフルオロホルムによるジフルオロオレフィンへのトリフルオロメチル化反応の開発
    ○平野和希・大楠賢・徳永恵津子・柴田哲男
  • DAST誘導体を用いたトリフルオロメチルチオ化反応とその応用
    ○吉岡拓哉,Saidalimu Ibrayim, 鈴木柊吾, 徳永恵津子, 柴田哲男
  • Development of Pentafluorophenylthiolating Reagent and Its Application
    ○Shichong Jia, Jiandong Wang, Kenta Okuyama, Zhongyan Huang, Etsuko Tokunaga, Norio Shibata
  • トリフルオロメタンを用いた求核的トリフルオロメチル基導入方法の開発
    ○斉藤拓弥,徳永恵津子,柴田哲男

第48回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会(岐阜)
岐阜大学(〒501-1193 岐阜県岐阜市柳戸1-1)
平成29年11月11日(土),12日(日)

(ポスター発表)
  • フルオロホルムによるジフルオロオレフィンへのトリフルオロメチル化反応の開発
    ○平野和希・大楠賢・徳永恵津子・柴田哲男
  • ヨードイリド型試薬を用いたβ-ケトエステル類へのエナンチオ選択的ジフルオロメチルチオ化反応
    松原王起也・○権藤聡・徳永恵津子・柴田哲男
  • C-F結合活性化を伴う不斉フルオロアルキル化反応の開発
    ○宇野寛人・王建東・徳永恵津子・柴田哲男
  • フルオロホルムを用いた求核的トリフルオロメチル化反応の開発
    ○斉藤拓弥・松崎浩平・徳永恵津子・柴田哲男

International Symposium on Biomedical and Environmental Materials
Nagoya Institute of Technology, Aichi, Nagoya, Japan
2017年11月1日(水)~2日(木)

(口頭発表)
  • Synthesis of Pyridine trans-Tetrafluoro-λ6-sulfane Derivatives: Access to a Dormant Class of Compounds
    〇Prajwalita DAS, Masahiro TAKADA, Tomoya HIROMURA, Kiyoteru NIINA, Etsuko TOKUNAGA, Norio SHIBATA
  • Synthesis of Pentafluoro-λ6-sufanyl-pyridines, Pyrimidines and Benzenes with Electron-withdrawing Substituents
    ○Benqiang CUI, Mikhail KOSOBOKOV, Etsuko TOKUNAGA, Norio SHIBATA
  • Synthesis of Indolines via Palladium-catalyzed Decarboxylative Cycloaddition Sequence
    ○Pulakesh DAS, Norio SHIBATA

第 47 回 複素環化学討論会
高知県立県民文化ホール (〒780-0870 高知市本町4-3-30)
2017年10月26日(木)~28日(土)

(口頭発表)
  • SF5-ピリジンの合成
    Cui Benqiang・徳永恵津子・〇柴田哲男
(ポスター発表)
  • DAST 試薬を用いた含フッ素ベンゾオキサチイン誘導体の合成
    〇吉岡拓哉・Saidalimu Ibrayim・鈴木柊吾・Wang Jiadong・徳永恵津子・柴田哲男

第7回CSJ化学フェスタ2017
タワーホール船堀
2017年10月17日(火)~19日(木)

(ポスター発表)
  • 新規含フッ素ハロゲン結合供与体の開発と触媒機能
    ○宇野寛人・松崎浩平・徳永恵津子・柴田哲男
  • 直接的SCF2H化試薬を用いた不斉ジフルオロメチルチオ化反応
    ○権藤 聡・松原王起也・徳永恵津子・柴田哲男
  • DAST試薬を用いた鎖状のβケトエステルに対するペルフルオロアルキルチオ化反応 (優秀ポスター発表賞 受賞)
    ○吉岡拓哉・SaidalimuIbrayim・鈴木柊吾・徳永恵津子・柴田哲男

10th Japanese-French Seminar on Fluorine
Shiinoki Cultural Complex (石川県政記念 しいのき迎賓館) 石川県金沢市広坂2丁目1番1号
September 27-29, 2017

(ポスター発表)
  • Diastereoselective synthesis of fluoroisosteric analogues of antiparasitic pyrrolobenzoxazine alkaloids from tryptophan by successive fluorination-cyclization and a Meisenheimer-type rearrangement
    ○Y. Sumii, K. Harada, B. K. Das,E. Tokunaga,N. Shibata

HALCHEM VIII
Meitetsu Inuyama Hotel 107-1 Inuyamakitakoken, Inuyama, Aichi Pref. 484-0082 Japan
Inuyama International Sightseeing Center “FREUDE” (4-21, Matsumoto-cho, Inuyama-shi, Aichi)
12th (Tue.)-15th (Fri.) of September, 2017

(ポスター発表)
  • Diastereoselective Synthesis of Fluorinated Indolines via Palladium (II) -π-Zwitterionic Intermediate in a Decarboxylative Cycloaddition Sequence
    ○Pulakesh Das,Etsuko Tokunaga,Norio Shibata
  • Design and Synthesis of Fluoro-1,3-benzodithiole-1,1,3,3-tetraoxy-2-iodide, FBDT-1, for Halogen-bonding Catalysis (Chemistry Letters Young Poster Award 受賞)
    ○Hiroto Uno, Kohei Matsuzaki,Esuko Tokunaga,Norio Shibata

第20回ヨウ素学会シンポジウム
千葉大学 西千葉キャンパス
平成29年9月8日(金)

(ポスター発表)
  • ヨウ化エステル類およびヨウ化スルホニル類を用いたハロゲン結合に関する研究と触媒反応
    ○宇野寛人,松崎浩平,徳永恵津子,柴田哲男

第7回フッ素化学若手の会
湯の花温泉 渓山閣 〒621-0033 京都府亀岡市ひえ田野町佐伯下峠20-6
2017年8月21日(月)-22日(火)

(ポスター発表)
  • 新規含フッ素ハロゲン結合供与体の設計と1,2-付加反応の開発
    ○宇野寛人,松崎浩平,徳永恵津子,柴田哲男
  • ヨードイリド型直接的SCF2H試薬を用いたβ-ケトエステルへの不斉ジフルオロメチルチオ化反応
    松原王起也,○権藤 聡,徳永恵津子,柴田哲男
  • ジアステレオ選択的フッ素化-環化反応とマイゼンハイマー転位を用いた、抗寄生虫薬天然物CJ-12663のフッ素置換体の合成
    ○原田恭輔,住井裕司,Das Biplab Kumar,徳永恵津子,柴田哲男

日本プロセス化学会2017サマーシンポジウム
大阪国際交流センター 〒543-0001 大阪市天王寺区上本町8-2-6
2017年8月3日(木)-4日(金)

(ポスター発表)
  • Development of Pentafluorophenylthiolating Reagent and Its Application
    ○Shichong Jia,Zhongyan Huang,Kenta Okuyama,Etsuko Tokunaga, Norio Shibata
  • トリプトファン誘導体のフッ素化―環化反応を用いた,抗寄生虫薬Pyrrolobenzoxazine のフッ素アナログのジアステレオ選択的合成法の開発
    ○住井裕司,Das Biplab Kumar,原田恭輔,徳永恵津子,柴田哲男
  • ジフルオロメタンスルフィン酸ナトリウムを用いた直接的ジフルオロメチルチオ化反応
    ○松原王起也,Huang Zhongyan,Jia Shichong,徳永恵津子,柴田哲男
  • CF3-DAST を用いたβジケトン類に対するトリフルオロメチルチオ化反応
    ○吉岡拓哉,Ibrayim Saidalimu,鈴木柊吾,徳永恵津子,柴田哲男

第63回日本薬学会東海支部 総会・大会
岐阜薬科大学 本部キャンパス, 岐阜大学 医学部 教育・福利棟
2017年7月8日(土)

(口頭発表)
  • HPLCを用いたtBuZnフタロシアニン異性体の分離
    ○辻 享兵、住井裕司、近藤孝彦、徳永 津子、柴田哲男
  • IF5 affects the final stage of the Cl-F exchange fluorination in the synthesis of pentafluoro-λ6-sufanyl-pyridines, pyrimidines and benzenes with electron-withdrawing substituents
    ○Benqiang Cui, Mikhail Kosobokov, Kohei Matsuzaki, Etsuko Tokunaga, Norio Shibata
  • Development of Pentafluorophenylsulfonyl Hypervalent Iodonium Ylide Reagent
    ○Shichong Jia, Zhongyan Huang, Kenta Okuyama, Etsuko Tokunaga, Norio Shibata
  • フェノール類への直接的ジフルオロメチルチオ化反応
    〇松原王起也, Huang Zhongyan, Jia Shichong, 徳永恵津子, 柴田哲男
  • CF3-DAST を用いたβジケトン類に対するトリフルオロメチルチオ化反応
    ○吉岡拓哉, Saidalimu Ibrayim, 鈴木柊吾,徳永恵津子, 柴田哲男
  • ジアステレオ選択的フルオロ環化反応を鍵とした,抗線虫活性を示すCJ-12662 のフッ素化アナログ化合物の合成研究
    ○住井裕司,Das Biplab Kumar,原田恭輔,徳永恵津子,柴田哲男

pagetop