名古屋工業大学 柴田研究室

研究業績

学会発表

学会発表

2019年2018年2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年

2011年度

日本化学会第92春季年会(2012) 慶應義塾大学日吉キャンパス・矢上キャンパス 2012年3月25日(日)~28日(水)
(口頭発表)
  • FBSMを用いるインドール類のモノフルオロメチル化反応
    ○松崎浩平・古川達也・徳永恵津子・柴田哲男
  • 芳香族イソキサゾールへの位置およびジアステレオ選択的トリフルオロメチル化反応
    ○河合洋幸・徳永恵津子・柴田哲男
  • F3TBSIに対するジアステレオ選択的マンニッヒ型反応の開発と含フッ素βーアミノ酸合成への展開
    ○西峯貴之・柴田直幸・香川 巧・徳永恵津子・河田恒佐・柴田哲男
  • 亜リン酸エステルを求核剤に用いた光学活性有機リン化合物の合成開発研究
    ○林 真志・中村修一・柴田哲男
  • 亜リン酸エステルによるメソアジリジンの触媒的不斉開環反応
    ○塩見法行・林真志・中村修一・柴田哲男
  • 脱炭酸型アリル化反応を利用したα-アリル-α-トリフルオロメチルスルホンの合成
    ○福士和伸・古川達也・徳永恵津子・柴田哲男
  • シアノ基活性化を基盤としたβ-アミノニトリル類の不斉合成反応の開発
    ○兵藤憲吾・辻幸太郎・小川賢紘・中村修一・柴田哲男
  • 新規NCNピンサー型キラルビスイミダゾリンパラジウム触媒を用いたイミンへの不斉脱炭酸型シアノメチル化反応
    ○近藤 健・兵藤憲吾・中村修一・柴田哲男
  • 不斉共役付加反応を用いるβ-トリフルオロメチルピロリン類の不斉合成
    ○杉田 豊・河合洋幸・徳永恵津子・柴田哲男
(ポスター発表)
  • ソルカンを溶媒として用いた鈴木宮浦クロスカップリング反応の開発
    ○東 綾香・徐 修華・徳永恵津子・柴田哲男
  • テトラゾール類縁体の合成と生理活性
    ○森 悟・徳永恵津子・柴田哲男
  • ペンタフルオロスルファニル基を持つフタロシアニンの合成と分光学的性質
    ○飯田紀士・徳永恵津子・柴田哲男
  • N-ヘテロアレーンスルホニル基を有するアジリジンのTMSNCSによる触媒的不斉非対称化反応
    ○小鎗まどか・林 真志・中村修一・柴田哲男
  • マロン酸ハーフチオエステルを用いた有機触媒的脱炭酸型アルドール反応の開発
    ○原 範之・中村修一・柴田哲男
  • ヘテロアレーンスルホニル基を有する新規不斉有機触媒を用いたケチミン類への脱炭酸型マンニッヒ型反応の開発
    ○佐野正英・原 範之・中村修一・柴田哲男
  • 5'-位置換型サリドマイドの合成及び生理活性
    ○前野万也香・伊藤絵美・徳永恵津子・柴田哲男
  • 新規NCNピンサー型ビスイミダゾリン-パラジウム錯体を用いるイミン類への不斉アリル化反応の開発
    ○中村将之・兵藤憲吾・中村修一・柴田哲男

日本農薬学会第37回大会 岡山ロイヤルホテル 2012年3月14日(水)~16日(金)
(口頭発表)
  • フルオロメチル化試薬を用いた含フッ素イソキサゾリン誘導体の合成
    ○古川達也・川添惇平・西峯貴之・張 偉・徳永恵津子・柴田哲男
  • 環境にやさしい溶媒ソルカンを用いる鈴木宮浦カップリング反応
    ○東 綾香・徐 修華・徳永恵津子・柴田哲男
  • Pd 触媒を用いるα-フルオロメチルケトンの合成
    ○加茂智浩・鈴木 悟・徳永恵津子・柴田哲男
  • 有機触媒を用いる光学活性β-トリフルオロメチルピロリンの合成
    ○杉田 豊・河合洋幸・徳永恵津子・柴田哲男
  • インドール類に対するFBSM を用いたモノフルオロメチル化反応
    ○松崎浩平・古川達也・徳永恵津子・柴田哲男
  • F3TBSI を用いるβ-トリフルオロアミノ酸の不斉合成
    ○柴田直幸・西峯貴之・香川 巧・徳永恵津子・河田恒佐・柴田哲男

第38回有機典型元素化学討論会 石川県立音楽堂邦楽ホール 2011年12月7日(水)~9日(金)
(口頭発表)
  • FBSMを用いたβ位のモノフルオロメチル化反応
    ○古川達也・西峯貴之・張 偉・徳永恵津子・柴田哲男
(ポスター発表)
  • 1,3-ジカルボニル化合物の F3TBSI に対する立体選択的マンニッヒ型反応の開発・・・優秀ポスター賞受賞
    ○西峯貴之・柴田直幸・香川 巧・徳永恵津子・河田恒佐・柴田哲男
  • α-トリフルオロメチルスルホンの脱炭酸型アリル化反応
    ○福士和伸・古川達也・徳永恵津子・柴田哲男
  • FBSMを用いたβ位のモノフルオロメチル化反応
    ○古川達也・西峯貴之・張 偉・徳永恵津子・柴田哲男
  • インドール類に対する FBSM を用いた求核置換反応
    ○松崎浩平・古川達也・徳永恵津子・柴田哲男

International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 2011 (C&FC2011) Nara, Japan, December 4-8, 2011
(口頭発表)
  • Direct Enantioselective Three-Component Kabachnik-Fields Reaction Catalyzed by Chiral Bis(imidazoline)-Zinc(II) Catalysts・・・Young oral presentation (awarded for selected 10 papers)
    ○Mutsuyo Ohara, Shuichi Nakamura, Norio Shibata
  • Asymmetric Allylic Fluoroalkylation of Morita-Baylis-Hillman Adducts Catalyzed by Cinchona Alkaloid・・・Young oral presentation (awarded for selected 10 papers)
    ○Takayuki Nishimine, Tatsuya Furukawa, Jumpei Kawazoe, Wei Zhang, Etsuko Tokunaga, Norio Shibata
(ポスター発表)
  • Asymmetric Allylic Fluoroalkylation of Morita-Baylis-Hillman Adducts Catalyzed by Cinchona Alkaloid
    ○Takayuki Nishimine, Tatsuya Furukawa, Jumpei Kawazoe, Wei Zhang, Etsuko Tokunaga, Norio Shibata
  • Palladium-catalyzed Decarboxylative Allylation of α-Trifluoromethyl β-Keto Esters
    ○Satoru Suzuki, Etsuko Tokunaga, Norio Shibata
  • Highly Efficient Synthesis of β-Aminonitriles Catalyzed by Palladium NCN Pincer-Complexes with Chiral Bis(imidazoline)Ligands
    ○Kengo Hyodo, Masaru Kondo, Kotaro Tuji, Takahiro Ogawa, Shuichi Nakamura, Norio Shibata
  • Direct Enantioselective Three-Component Kabachnik-Fields Reaction Catalyzed by Chiral Bis(imidazoline)-Zinc(II) Catalysts
    ○Mutsuyo Ohara, Shuichi Nakamura, Norio Shibata
  • Organocatalytic Decarboxylative Addition of Malonic Acids Half Thioesters to Isatins: First Enantioselective Synthesis of (-)-Flustraminol
    ○Noriyuki Hara, Shuichi Nakamura, Norio Shibata

8th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium Tokyo, 2011.11.29-12.2
(ポスター発表)
  • Intramolecular Decarboxylative Allylation of α-Trifluoromethyl β-Keto Esters
    ○Satoru Suzuki, Etsuko Tokunaga, Norio Shibata

7th and 8th Yoshimasa Hirata Memorial Lectures Nagoya University, Higashiyama Campus Noyori Conference Hall, 2011.11.28-30
(ポスター発表)
  • Asymmetric synthesis of optically active phosphoric acid monoesters
    ○Masashi Hayashi, Shuichi Nakamura, Norio Shibata
  • Zinc(II)-Catalyzed Direct Enantioselective Three-Component Synthesis of Optically Active α-Aminophosphonates
    ○Mutsuyo Ohara, Shuichi Nakamura, Norio Shibata
  • Organocatalyzed Regio- and Enantioselective Allylic Fluoroallylation of Morita-Baylis-Hillman Adducts Catalyzed by Cinchona Alkaloid
    ○Takayuki Nishimine, Tatsuya Furukawa, Jumpei Kawazoe, Wei Zhang, Etsuko Tokunaga, Norio Shibata
  • Enantioselective Trifluoromethylation in SolkaneR-365mfc
    ○Satoshi Okusu, Hiroyuki Kawai, Etsuko Tokunaga, Norio Shibata
  • Intramolecular Allylation of α-Trifluoromethyl β-Keto Esters; Construction of Trifluoromethyl-bearing Quaternary Carbon Centers
    ○Satoru Suzuki, Etsuko Tokunaga, Norio Shibata
  • Organocatalytic Enantioselective Aldol condensation between Malonic Acids Half Thioesters and Isatins
    ○Noriyuki Hara, Shuichi Nakamura, Norio Shibata
  • Enantioselective Reaction of Benzyl Nitriles with Imines using Palladium(II) NCN-pincer Complexes with Novel Chiral Bis(imidazoline) Ligands
    ○Kengo Hyodo, Kotaro Tsuji, Takahiro Ogawa, Shuichi Nakamura, Norio Shibata

日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部 合同学術大会2011 ウインクあいち 2011年11月23日(水)
(口頭発表)
  • サリドマイドの右手型および左手型の薬理作用の相違について
    ○徳永恵津子・秋山秀彦・山本剛嗣・伊藤絵美・前野万也香・柴田哲男
  • 光学活性サリドマイドの水中での不斉不均一化現象
    ○伊藤絵美・山本剛嗣・徳永恵津子・柴田哲男
  • 光学活性サリドマイドのカラムクロマトグラフィー上での不斉不均一化現象
    ○前野万也香・伊藤絵美・山本剛嗣・徳永恵津子・柴田哲男

10th International Symposium on Organic Reactions (ISOR10) November 21-24, 2011 at Keio University (Yokohama, JAPAN)
(ポスター発表)
  • Organocatalyzed Asymmetric Allylic Fluoroalkylation of Morita-Baylis-Hillman Adducts
    ○Takayuki Nishimine, Tatsuya Furukawa, Jumpei Kawazoe, Wei Zhang, Etsuko Tokunaga, Norio Shibata
  • Chiral Bis(imidazoline)-Zinc(II) Catalyzed Direct Enantioselective Three-Component Kabachnik-Fields Reaction
    ○Mutsuyo Ohara, Shuichi Nakamura, Norio Shibata
  • Enantioselective Aldol Condensation between Thioesters and Isatins
    ○Noriyuki Hara, Shuichi Nakamura, Norio Shibata
  • Decarboxylative Allylation of α-Trifluoromethyl β-Keto Esters; Construction of Trifluoromethyl-bearing Quaternary Carbon Centers
    ○Satoru Suzuki, Etsuko Tokunaga, Norio Shibata

第31回有機合成セミナー 京都大学 2011年11月16日(水)
(ポスター発表)
  • アリル位不斉フルオロアルキル化反応の開発
    ○西峯貴之・古川達也・川添惇平・張 偉・徳永恵津子・柴田哲男

第1回CSJ化学フェスタ-2011世界化学年記念大会- 早稲田大学 大隈記念講堂・小野梓記念館 2011年11月13日(日)~15日(火)
(ポスター発表)
  • Ruppert-Prakash試薬と金属酸化物を用いたトリフルオロメチル化反応の開発
    ○杉田 豊・河合洋幸・徳永恵津子・柴田哲男
  • イサチンへの有機触媒的脱炭酸型アルドール反応の開発
    ○原 範之・中村修一・柴田哲男
  • ソルカン365mfcを溶媒に用いたアゾメチンイミンに対する不斉トリフルオロメチル化反応の開発
    ○大楠 賢・河合洋幸・徳永恵津子・柴田哲男
  • ソルカン中での鈴木宮浦クロスカップリング反応の開発
    ○東 綾香・楠田旭弘・徐 修華・徳永恵津子・柴田哲男
  • トリフルオロピルビン酸エチルを用いた不斉アルドール型環化反応
    ○飯田紀士・小川真一・徳永恵津子・柴田哲男
  • 有機触媒を用いた不斉フルオロアルキル化反応の開発
    ○西峯貴之・古川達也・川添惇平・張 偉・徳永恵津子・柴田哲男

第100回有機合成シンポジウム 早稲田大学国際会議場 2011年11月10日(木)~11日(金)
(ポスター発表)
  • アリル位選択的不斉フルオロアルキル化反応の開発・・・優秀ポスター賞受賞
    ○西峯貴之・古川達也・川添惇平・張 偉・徳永恵津子・柴田哲男

第26回農薬デザイン研究会 メルパルク京都 2011年11月10日(木)
(ポスター発表)
  • フルオロメチル化試薬を用いた含フッ素イソキサゾリン誘導体の合成・・・ポスター賞受賞
    ○古川達也
  • FBSMを用いたインドール類に対するモノフルオロメチル化反応
    ○松崎浩平
  • インドールトリフロンの合成と生理活性・・・ポスター賞受賞
    ○徳永恵津子

第37回反応と合成の進歩シンポジウム あわぎんホール 2011年11月7日(月)~8日(火)
(ポスター発表)
  • 脱炭酸アリル化反応による第4級α-トリフルオロメチルケトンの合成研究
    ○鈴木 悟・徳永恵津子・柴田哲男
  • アリル位トリフルオロメチル化反応の開発
    ○西峯貴之・古川達也・徳永恵津子・柴田哲男
  • 5-トリフルオロメチル-2-イソキサゾリン化合物の合成法の開発
    ○河合洋幸・舘健太郎・徳永恵津子・柴田哲男

第42回中部化学関係学協会支部連合秋季大会(長野) 信州大学工学部 2011年11月5日(土)~6日(日)
(口頭発表)
  • 光学活性ビスイミダゾリン触媒を用いる環境調和型三成分連結型反応の開発
    ○小原睦代・中村優子・中村修一・柴田哲男
  • 脱炭酸反応によるα-フルオロメチルケトンの合成
    ○鈴木 悟・加茂智浩・徳永恵津子・柴田哲男
  • サリドマイド誘導体の抗がん活性について
    ○徳永恵津子・秋山秀彦・山本剛嗣・伊藤絵美・前野万也香・柴田哲男
  • Phospha-Brook転移反応を経由したエノラートに対する触媒的不斉プロトン化反応の開発
    ○林 真志・中村修一・柴田哲男
  • 触媒的不斉フルオロメチル化反応の開発
    ○古川達也・川添惇平・西峯貴之・張 偉・徳永恵津子・柴田哲男
(ポスター発表)
  • ヘテロアレーンスルホニルイミンを用いた4置換炭素を有する2-イミダゾリンの不斉合成
    ○前野友里・山村明子・中村修一・柴田哲男
  • ヘテロアレーンスルホニル基を有するアジリジンのTMS-NCSによる触媒的不斉開環反応
    ○小鎗まどか・林 真志・中村修一・柴田哲男
  • ケトン類に対する脱炭酸型アルドール反応の開発:(-)-Fulastraminol Bの不斉合成
    ○原 範之・中村修一・柴田哲男
  • ソルカン365mfcを溶媒に用いる環境調和型不斉トリフルオロメチル化反応の開発
    ○大楠 賢・河合洋幸・徳永恵津子・柴田哲男
  • 有機触媒を用いたβ-トリフルオロメチルピロリンの不斉合成
    ○北山 卓・河合洋幸・徳永恵津子・柴田哲男
  • カラムクロマトグラフィーによるサリドマイド及びその誘導体の自己不均一化現象
    ○前野万也香・伊藤絵美・徳永恵津子・柴田哲男
  • 1,3-ジカルボニル化合物のF3TBSIに対するジアステレオ選択的求核付加反応の開発
    ○西峯貴之・香川 巧・河田恒佐・徳永恵津子・柴田哲男
  • 金属酸化物を用いたトリフルオロメチル化反応の開発
    ○杉田 豊・河合洋幸・徳永恵津子・柴田哲男
  • FBSMを用いたモノフルオロメチルインドール類の合成研究
    ○松崎浩平・古川達也・徳永恵津子・柴田哲男

第2回 大津会議 大津プリンスホテル 2011年10月17日(月)~18日(火)
(口頭発表)
  • The development of trifluoromethylation reaction
    ○Hiroyuki Kawai

The 7th International Symposium on Integrated Synthesis (ISIS-7) Seaside Hotel Maiko Villa (Kobe, Japan) October 9-10, 2011
(ポスター発表)
  • Asymmetric Allylic Trifluoromethylation Using Ruppert's Reagent
    ○Takayuki Nishimine, Tatsuya Furukawa, Etsuko Tokunaga, Norio Shibata

フルオラス科学研究会第4回シンポジウム(大阪) 大阪市立大学 2011年10月7日(金)
(ポスター発表)
  • ソルカン中での鈴木宮浦クロスカップリング反応の開発
    ○東 綾香・楠田旭弘・徐 修華・徳永恵津子・柴田哲男
  • ソルカン365mfcを溶媒に用いる環境調和型エナンチオ選択的トリフルオロメチル化反応の開発
    ○大楠 賢・河合洋幸・徳永恵津子・柴田哲男

第35回フッ素化学討論会 岡山大学 創立50周年記念館 2011年9月26日(月)~27日(火)
(口頭発表)
  • アリル位の不斉フルオロメチル化反応の開発
    ○古川達也・川添惇平・西峯貴之・張 偉・徳永恵津子・柴田哲男
(ポスター発表)
  • 芳香族イソキサゾールへの直接的トリフルオロメチル化反応による5-トリフルオロメチル-2-イソキサゾリン化合物の合成
    ○河合洋幸・舘健太郎・徳永恵津子・柴田哲男
  • ソルカン365mfcを溶媒に用いたエナンチオ選択的トリフルオロメチル化反応の開発
    ○大楠 賢・河合洋幸・徳永恵津子・柴田哲男
  • β-トリフルオロメチルピロリンの触媒的不斉合成
    ○北山 卓・河合洋幸・徳永恵津子・柴田哲男
  • トリフルオロメチル-β-ケトエステルに対する辻アリル化反応
    ○鈴木 悟・徳永恵津子・柴田哲男
  • ソルカン中での鈴木宮浦クロスカップリング反応の開発
    ○東 綾香・楠田旭弘・徐 修華・徳永恵津子・柴田哲男
  • F3TBSIに対する立体選択的マンニッヒ型反応の開発
    ○西峯貴之・香川 巧・徳永恵津子・河田恒佐・柴田哲男
  • フッ素と生理活性:サリドマイド誘導体の合成と評価
    ○徳永恵津子・秋山秀彦・山本剛嗣・伊藤絵美・前野万也香・柴田哲男
  • Ruppert-Prakash試薬と酸化銀を用いたトリフルオロメチル化反応の開発
    ○杉田 豊・河合洋幸・徳永恵津子・柴田哲男
  • サリドマイド及び3'-フルオロサリドマイドのカラムクロマトグラフィーによる自己不均一化現象
    ○前野万也香・伊藤絵美・徳永恵津子・柴田哲男

第4回有機触媒シンポジウム 東京理科大学 神楽坂キャンパス 2011年9月17日(土)
(ポスター発表)
  • 有機触媒を用いたマイケル付加タイプトリフルオロメチル化反応の開発
    ○西峯貴之・古川達也・徳永恵津子・柴田哲男

第58回有機金属化学討論会 名古屋大学東山キャンパス 2011年9月7日(水)~9日(金)
(口頭発表)
  • 新規NCNピンサー型キラルビスイミダゾリン配位子によるβ-アミノニトリルの不斉合成
    ○兵藤憲吾・辻幸太郎・小川賢紘・中村修一・柴田哲男
(ポスター発表)
  • キラルビスイミダゾリン-Zn(II)触媒を用いる三成分連結型 Kabachnik-Fields Reaction
    ○小原睦代・中村修一・柴田哲男

14th Asian Chemical Congress 2011 (14 ACC) Bangkok in Thailand, September 5-8, 2011
(ポスター発表)
  • Intramolecular Decarboxylative Allylation of Alpha-trifluoromethyl Beta-keto Esters
    ○Satoru Suzuki, Etuko Tokunaga, Norio Shibata
  • Organocatalyzed Allylic Trifluoromethylation using Ruppert's reagent
    ○Takayuki Nishimine, Tatsuya Furukasa, Etsuko Tokunaga, Norio Shibata

The 2nd International Symposium on Process Chemistry ISPC2011 国立京都国際会館 2011年8月10日(水)~12日(金)
(ポスター発表)
  • Highly Efficient Asymmetric Synthesis of β-Aminonitrile under Mild conditions using A Novel Palladium NCN-pincer Complexes with Chiral Bis( imidazoline) Ligands
    ○Kengo Hyodo, Kotaro Tuji, Takahiro Ogawa, Shuichi Nakamura
  • N-(Heteroarenesulfonyl)prolinamides Catalysed aldol reaction of aryl trihalomethyl ketones
    ○Ryota Tamura, Noriyuki Hara, Shuichi Nakamura, Norio Shibata
  • Organocatalytic Enantioselective Decarboxylative Addition of Malonic Acids Half Thioesters to Isatins
    ○Noriyuki Hara, Shuichi Nakamura, Norio Shibata
  • Desymmetrization of meso-N-(Heteroarenesulfonyl)aziridines with TMSNCS Catalyzed by Chiral Phosphoric Acids
    ○Madoka Koyari, Masashi Hayashi, Shuichi Nakamura, Norio Shibata
  • Three-Component Synthesis of Optically Active α-Aminophosphonates Using Pybim-Zinc(II) Catalyst
    ○Mutsuyo Ohara, Shuichi Nakamura, Norio Shibata
  • Trifluoromethylation of Alkenes Using Ruppert's reagent
    ○Takayuki Nishimine, Tatsuya Furukawa, Etsuko Tokunaga, Norio Shibata
  • Organocatalytic Asymmetric Synthesis of Organophosphorus Compounds
    ○Masashi Hayashi, Shuichi Nakamura, Norio Shibata
  • Catalytic Asymmetric Synthesis of Efavirenz, an HIV-1 Reverse Transcriptase Inhibitor
    ○Takashi Kitayama, Hiroyuki Kawai, Etsuko Tokunaga, Norio Shibata
  • The Self-disproportionation of Enantiomers of Thalidomide on an Achiral System
    ○Mayaka Maeno, Emi Ito, Etsuko Tokunaga, Norio Shibata
  • A Novel Electrophilic Bromodifluoromethylating Reagents, S-(bromodifluoromethyl)diaryl-sulfonium salts
    ○Satoru Mori, Guokai Ryu, Etsuko Tokunaga, Norio Shibata
  • Decarboxylative Allylation of α-Trifluoromethyl β-Keto Esters
    ○Satoru Suzuki, Etsuko Tokunaga, Norio Shibata

第1回フッ素化学若手の会 岐阜 2011年8月1日(月)~2日(火)
(口頭発表)
  • 求核的モノフルオロメチル化反応の開発
    ○古川達也・後藤洋介・川添惇平・徳永恵津子・柴田哲男
  • 求電子的トリフルオロメチル化試薬を用いたベンジル位のトリフルオロメチル化反応
    ○河合洋幸・徳永恵津子・柴田哲男
  • 含フッ素複素環化合物の迅速合成
    ○西峯貴之・小川真一・徳永恵津子・柴田哲男
  • 1,3-双極子環化反応を用いたトリフルオロメチルピラゾロピラゾロン誘導体の合成
    ○鈴木 悟・猪飼英典・徳永恵津子・柴田哲男
(ポスター発表)
  • トリフルオロピルビン酸エチルを用いたエナミンとの不斉アルドール型環化反応
    ○飯田紀士・小川真一・徳永恵津子・柴田哲男
  • ソルカン365mfcを溶媒に用いた不斉トリフルオロメチル化反応の開発
    ○大楠 賢・河合洋幸・徳永恵津子・柴田哲男
  • トリフルオロメチルエノンに対するニトリアルカンの触媒的不斉マイケル付加反応
    ○北山 卓・河合洋幸・徳永恵津子・柴田哲男
  • サリドマイドのカラムクロマトグラフィーによる自己不均一化現象
    ○前野万也香・伊藤絵美・徳永恵津子・柴田哲男
  • ジアリールスルホニウム塩型求電子的ブロモジフルオロメチル化剤の開発
    ○森 悟・劉 国凱・徳永恵津子・柴田哲男

第57回日本薬学会東海支部 総会・大会 金城学院大学 2011年7月9日(土)
(口頭発表)
  • サリドマイド及びその誘導体のカラムクロマトグラフィーによる自己不均一化現象
    ○前野万也香・伊藤絵美・山本剛嗣・徳永恵津子・柴田哲男
  • Ruppert試薬を用いたβ位選択的トリフルオロメチル化反応の開発
    ○西峯貴之・古川達也・徳永恵津子・柴田哲男
  • エイズ治療薬Efavirenzの触媒的不斉合成法の開発
    ○北山 卓・河合洋幸・徳永恵津子・柴田哲男
  • 脱炭酸反応を利用したα-トリフルオロメチルケトンの合成
    ○鈴木 悟・徳永恵津子・柴田哲男
  • 新規求電子的ブロモジフルオロメチル化試薬の設計と合成
    ○森 悟・劉 国凱・徳永恵津子・柴田哲男

第4回若手シンポジウム(中部地区) 三重大学 2011年6月11日(土)
(口頭発表)
  • 含フッ素複素環の合成
    ○河合洋幸
  • アリル位フルオロメチル化反応
    ○古川達也

第4回若手シンポジウム(中部地区) 三重大学 2011年6月11日(土)
(ポスター発表)
  • 右手型と左手型:サリドマイド誘導体の光学異性体と生理活性
    ○徳永恵津子・秋山秀彦・山本剛嗣・伊藤絵美・前野万也香・柴田哲男

pagetop