名古屋工業大学 柴田研究室

研究業績

学会発表

学会発表

2019年2018年2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年

2005年度

日本化学会第86春季年会 日本大学理工学部船橋キャンパス(千葉県船橋市習志野台)2006年3月27日(月)~30日(木)
(口頭発表)
  • ルイス酸を用いたアルデヒドの触媒的トリフルオロメチル化反応
    ○水田賢志・小川真一・藤本啓之・中村修一・柴田哲男・融 健
  • トリ-tert-ブチルホスフィンを用いる求核的トリフルオロメチル化反応
    ○佐藤貴之・水田賢志・藤本啓之・中村修一・柴田哲男・融 健
  • 相間移動触媒を用いた不斉ブロモジフルオロメチル化反応の開発発
    ○水田賢志・日比野幹・小川真一・中村修一・柴田哲男・融 健
  • パラジウム触媒によるアリル位の不斉モノフルオロメチル化:新規モノフルオロメチルアニオン等価体の開発
    ○福澄岳雄・杉浦雅祥・中村修一・柴田哲男・融 健
  • 環固定型Thalidomideの設計と合成
    ○山本剛嗣・中村修一・柴田哲男・融 健
(ポスター発表)
  • DBFOX/Ni錯体を用いた触媒的不斉酸化反応
    石丸剛久・○永井 淳・佐藤健史・安井宏有貴・中村修一・柴田哲男・融 健
  • サリドマイドを塩基としてもつ核酸及びペプチド核酸の設計と合成
    ○助口大介・鈴木 茂・宮本雅博・中村修一・柴田哲男・融 健
  • シンコナアルカロイド/セレクトフロアーコンビネーションを用いたエナンチオ選択的フッ素化:触媒的アプローチ
    ○杉浦雅祥・福澄岳雄・中村修一・柴田哲男・融 健
  • フタロシアニン-DNAハイブリッド合成へのアプローチ
    ○Mamidi Ramesh Reddy・近藤由紀・中村修一・柴田哲男・融 健
  • ピリジルスルホニル基を活用するイミンへのエナンチオ選択的Strecker-type反応
    ○杉本英基・佐野秀晃・中島弘樹・中村修一・柴田哲男・融 健

第24回メディシナルケミストリーシンポジウム 大阪 2005年11月28日(月)~30日(水)
(ポスター発表)
  • サリドマイドを塩基としてもつペプチド核酸の合成
    ○助口大介・宮本雅博・中村修一・柴田哲男・融 健

>第22回有機合成化学夏季大学 高山 2005年9月6日~8日
(ポスター発表)
  • エナンチオ選択的光学活性スルフィン酸エステルの効率的新合成法
    ○福澄岳雄・松永光晴・中村修一・柴田哲男・融 健
  • Synthetic Study on Phtalocyanine-Attached Nucleosides
    ○Mamidi Ramesh Reddy, Yuki Kondo, Shuichi Nakamura, Norio Shibata, Takeshi Toru
  • DBFOX触媒を用いる触媒的不斉ハロゲン化反応の開発
    ○石丸剛久・高井和美・河野順二・中村修一・柴田哲男・融 健・金政修司
  • ルイス塩基を触媒に用いるトリフルオロメチル化反応の開発・・・ポスター賞受賞
    ○水田賢志・佐藤貴之・藤本啓之・中村修一・柴田哲男・融 健
  • サリドマイド代謝物5-ヒドロキシサリドマイド及び5-フルオロサリドマイドの不斉合成研究並びにその安定性に関する考察
    ○助口大介・古川豊貴・宮本雅博・渡辺昌之・中村修一・柴田哲男・融 健
  • ピリジルスルホニル基を活用するイミンへのエナンチオ選択的求核付加反応
    ○杉本英基・佐野秀晃・中島弘樹・中村修一・柴田哲男・融 健

第36回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 静岡 2005年9月23日~24日
  • DBFOX-Ni錯体を用いた触媒的不斉ハロゲン化反応
    ○石丸剛久・河野順二・高井和美・中村修一・柴田哲男・融 健
  • 新型フッ素化試薬の開発と求電子的不斉フッ素化反応
    ○福澄岳雄・杉浦雅祥・中村修一・柴田哲男・融 健
  • Syntheisi of Phthalocyanines Having Nucleosides
    ○Mamidi Ramesh Reddy, Yuki Kondo, Shuichi Nakamura, Norio Shibata and Takeshi Toru
  • Synthetic Study of Fluoroisosteric Analogues of CJ-12662
    ○Das Biplab Kumar, Tsutomu Nozaki, Shuichi Nakamura, Norio Shibata and Takeshi Toru
  • キナアルカロイドを触媒的に用いた光学活性スルフィナートの合成
    ○福澄岳雄・松永光晴・中村修一・柴田哲男・融 健
  • 有機リン化合物触媒を用いたトリフルオロメチル化反応の開発
    ○柴田哲男・水田賢志・佐藤貴之・藤本啓之・中村修一・融 健

pagetop