糖鎖:研究紹介 本文へジャンプ
糖鎖の研究 イメージ

1.βグルカンの合成・機能研究
真菌の細胞壁β-グルカンは、植物に感染した際にβ-1,,3-グルカナーゼにより加水分解され、分解されたβ-グルカンは免疫腑活化分子として重要な役割を演じている。また、哺乳動物においてもβ-グルカンはレクチンによって認識され、生体防御機能に深く関わっている。キノコに含まれるβ-グルカンは、腫瘍免疫を活性化するとして、古くからガンを治す薬として用いられてきた。しかし、菌類からの抽出物であるβ-グルカンを精製し、構造均一なβ-グルカンを得ることは容易ではない。そこで、化学合成により構造明確なβ-グルカンを合成し、免疫腑活化機構において作用しているβ-グルカンの構造を明らかにすることを目的としている。(現在進行中) イメージ






2.抗菌性ポリマーの開発
近年、多くの抗生物質に耐性を持つ多剤耐性菌の出現が問題となっている。本研究室では、その多剤耐性菌にも有効な抗菌性ポリマーの開発を行っている。これまでの抗生物質と異なり簡便な構造ではあるが、幅広い抗菌スペクトルとともに、低い溶血活性を示す。またポリマーであるため、成形が可能であり、幅広い利用が期待されている。(現在進行中) イメージ





3.糖タンパク質品質管理機構の解析
現在、糖タンパク質の品質管理機構に関わるタンパク質の機能が次々と解明されており、糖タンパク質への注目が高まっている。複雑な糖鎖構造のため、これまで解析が困難とされていたが、質量分析やNMRの進歩により構造解析が可能となり研究が加速している。その結果、糖タンパク質の生合成において、糖鎖がタンパク質の立体構造制御に深く関与していることが明らかにされ、タンパク質の立体構造異常による病気の解明や糖タンパク質医薬など応用が期待されている。糖タンパク質の品質管理機構内の重要な酵素の機能や詳細な基質認識特異性を明らかにし、自在に操ることができれば、品質管理機構の解明や糖タンパク質生産の制御に活かすことができる。(現在休止中) イメージ





4.糖ヌクレオチドの新規合成方法の開発
糖ヌクレオチドは複雑な糖鎖を構築する上で、生体にとって重要な基質であり、人工的に糖鎖を合成するには有用な素材です。しかし、その合成は熟練者のみによって達成されており、簡便な合成方法とは言えません。この合成方法を簡便かつ迅速なものにすることで、糖鎖の機能解明や薬剤への応用が進みます。 (現在進行中) イメージ