名古屋工業大学 柴田研究室

Recent Publications

Preface to the Special Issue on Fluorine Chemistry
Shibata, N.; Talwar, D.
Chem. Rec. 2023, 23, e202300248. [Abstract] DOI: 10.1002/tcr.202300248
Lenalidomide derivatives and proteolysis-targeting chimeras for controlling neosubstrate degradation
Yamanaka, S.; Furihata, H.; Yanagihara, Y.; Taya, A.; Nagasaka, T.; Usui, M.; Nagaoka, K.; Shoya, Y.; Nishino, K.; Yoshida, S.; Kosako, H.; Tanokura, M.; Miyakawa, T.; Imai, Y.; Shibata, N.; Sawasaki, T.*
Nat. Commun. 2023, 14, 4683. [Abstract] DOI: 10.1038/s41467-023-40385-9
サリドマイドとフッ素化学
柴田 哲男
ドラマチック有機合成化学 感動の瞬間100,有機合成化学協会 編,化学同人
ISBN : 9784759823363
(2023年7月30日発行)
[化学同人]
Regio- and Z-Selective Alkyne Hydroamination and Hydrophenoxylation using Tetrafluoro-λ6-Sulfanyl Alkynes under Superbasic, Naked Anion Conditions
Aggarwal, T.; Hada, K.; Murata, Y.; Sumii, Y.; Tanagawa, K.; Niina, K.; Mori, S.; Escorihuela, J.; Shibata, N.*
Angew. Chem. Int. Ed. 2023, 62, e202307090. [Abstract] DOI: 10.1002/anie.202307090
Current State of Microflow Trifluoromethylation Reactions
Sumii, Y.; Shibata, N.*
Chem. Rec. 2023, 23, e202300117. [Abstract] DOI: 10.1002/tcr.202300117
直線的分子連結を実現するテトラフルオロスルファニル化合物群:合成と開拓
森 聡一朗, 羽田 謙志郎, 柴田 哲男
有機合成化学協会誌 2023, 81, 428-438. [Abstract] DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.81.428
Linearly─connected Tetrafluoro─λ6─sulfanyl Molecules: Synthesis and Challenges
Mori, S.; Hada, K.; Shibata, N.*
J. Synth. Org. Chem. 2023, 81, 428-438.
N-Fluoro Ammonium salts of Cinchona Alkaloids in Enantioselective Electrophilic Fluorination
Shibata, N.*; Cahard, D.*
Chem. Rec. 2023, 23, e202300096. [Abstract] DOI: 10.1002/tcr.202300096
Fluorinated Vilsmeier Reagent: TFEDMA-mediated Synthesis of Aryl-cyanides and Aryl-amides via the Activation of Oximes
Yadav, A. K.; Narra, S. R.; Bacho, M. Z.; Sumii, Y.; Shibata, N.*
Asian J. Org. Chem. 2023, 12, e202300049. [Abstract] DOI: 10.1002/ajoc.202300049
Transition-metal-free silylboronate-mediated cross-couplings of organic fluorides with amines
Zhou, J.; Zhao, Z.; Shibata, N.*
Nat. Commun. 2023, 14, 1847. [Abstract] DOI: 10.1038/s41467-023-37466-0
Elemental Sulfur-Mediated Transformation of Carboxylic Acids to Acyl Fluorides by Electrophilic Fluorinating Reagent, Selectfluor
Mahmoud, E. M.; Mori, S.; Sumii, Y.; Shibata, N.*
Org. Lett. 2023, 25, 2810. [Abstract] DOI: 10.1021/acs.orglett.3c00701
Synthesis of triarylmethanes by silyl radical-mediated cross-coupling of aryl fluorides and arylmethanes
Zhou, J.; Zhao, Z.; Jiang, B.; Yamamoto, K.; Sumii, Y.; Shibata, N.*
Chem. Sci. 2023, 14, 4248. [Abstract] DOI: 10.1039/d3sc00154g

詳しくはこちら

Announcement

大学院博士前期課程進学者,後期課程進学者募集中!!
有機フッ素化学,有機合成研究を行いたい方を歓迎します。
興味のある方は柴田教授へ連絡してください

講演会のお知らせ
令和5年度 有機合成化学協会東海支部 総合講演会を2023年12月19日(火)14:00~17:00に名古屋工業大学 4号館ホールで行います。
会告
有機合成化学協会東海支部facebook
連絡先 (Contact Information)

柴田哲男 Norio Shibata
e-mail:nozshiba★nitech.ac.jp
(★を@にかえてメールしてください。Please change ★ to @)

more information

Link

更新情報

Welcome to Shibata Lab!

柴田研究室へようこそ!!
当研究室はフッ素化学を基軸とした、有機化学研究室です。
医薬品開発,農薬開発,試薬開発,触媒開発,地球環境に優しい材料開発,および材料分解反応の開発を行っています。

詳しい研究内容は研究概要をご覧ください。

photo:2023.10.25
@front of building 19 (NITech)

Information

博士研究員募集中!

We are looking for a postdoctoral fellow!
Please contact to Prof Shibata via e-mail if you take an interest in our job.

博士またはPh.Dの学位を有する方,または着任までに取得見込みの方。または同等の実績・実務経験のある方。 できるだけ早い時期から勤務できる方大歓迎。
興味のある方はメールにて柴田教授へご連絡ください。

研究室紹介

研究室紹介動画
2022年度紹介動画を更新!
研究概要
研究室の生活
◇当研究室へ参加を希望する学生は研究室へ見学に来てください。

Shibata Lab News!




主な研究成果(本学プレスリリース)

◆サリドマイドに関する研究成果
催奇性を回避できるサリドマイドの改良とPROTACへの応用 (2023年8月21日)new
タンパク質分解誘導剤依存的な相互作用解析技術の開発 (2022年1月11日)
サリドマイド催奇性を引き起こすタンパク質の発見 (2021年1月21日)
細胞内での標的タンパク質機能解析に適した新たなケミカルノックダウンシステムを開発 (2020年9月24日)
サリドマイドの標的タンパク質への作用が体内代謝で変化するメカニズムを解明 (2020年9月14日)
サリドマイドパラドックスを説明 (2018年11月20日)
サリドマイドの催奇形性問題を分子レベルで解明 (2018年02月20日)
ラセミ化しないサリドマイドの開発 (2017年08月01日)

◆その他の研究成果
直線的な分子設計に革新、テトラフルオロスルファニル化合物 (2023年7月5日)new
フッ素化合物とアミンとの脱フッ素化クロスカップリング反応 (2023年4月5日)new
遷移金属触媒不要のクロスカップリング反応を実現 (2023年3月24日)new
ジフルオロメチル基を持つ光学活性ジオキサンの合成 (2022年4月15日)
フッ素官能基を持つアルカロイド様物質の製造に成功 (2021年11月30日)
フッ素化合物からフッ素のみを除去し分子変換する手法を開発 (2021年06月21日)
世界中にあるフッ素系農薬を全て探索&解析 (2020年09月04日)
安全にフッ化アシルを製造する新ツールを開発 (2020年05月11日)
含フッ素医薬品を用いる分子変換新技術を開拓 (2018年10月22日)
フロンガスを医薬品に変換する製造プロセスの開発に成功 (2018年07月31日)

◇本学公式HPで紹介された論文(リンク先)
◇フルオロサリドマイドの販売 (キシダ化学)(リンク)